<内なる望みに気がついた>

エンボディを始めた当初ある神社でのこと。

 

手を合わせると「人類再生のために貢献させていただきます」

*人類意識の覚醒め(後に気づく)

 

思いもよらぬ言葉をいきなり発し涙が止まらなくなる

(ここから何かがはじまった)

 

はじめて知った内なる声(魂)

 

目醒のお手伝い???

とは特別なことではなくすでに在る幸せに

「目が醒めること」

 

エンボディというツールによって深く体感してきた

 

エンボディは身体というより、自らがエネルギーの調律、修正、調律ができるようになるように促す(本来の働きが甦る)

 

心の奥底からの感情の解放も起こり、毎回それぞれが必要な

調律が行われる。

 

やる度に必要でないものが剥がれ落ちている。

そしてそれぞれの内が望む人生へと自然とシフトしている

 

「素」とはそのままの自分を認め、愛していること。

*頭だけ、言葉だけの理解ではなく

 

元々「在る」を活かすこと

 

そしてただ「在る」という深みを愉しみ続けること

 

エンボディは、私にとっては天(内)から授かったもの。

*魂の成長と人々の成長を助けるツール

 

私ができる貢献→エンボディを通じて活動をし続けること。

 

それが地球へ、宇宙への最大の貢献だと想って活動させていただいております。