「キラーストレス」って何?

皆さん、おはようございます。

 

先日の雨上がり後の江の島の写真です

 

江の島から鵠沼海岸は、今、海の家が建ちだしていつもの開放感が無くなってしまったので少し寂しいですが、鵠沼海岸側は海の家がほとんどないのでまだ開放感は楽しめます。

 

運がよければ江の島、海、富士山という最高の景色の中、波の音、潮風を感じながらリフレッシュできます。

 

波のリズムは体内のリズムの狂いを調整してくれます。

そして特に頭で考えすぎる傾向のある方、頭が疲れている方には特にオススメです。

 

先日、NHKスペシャルで「キラーストレス」というタイトルで放送されていました。

まぁ、マスコミも医療業界もいろんな名前を次々に考えるもんだなと思いながら、みてみたのですが、要するに原因不明の病気、アレルギー、じんましんなどをはじめ、がん、各種疾患すべてはキラーストレスによるものが原因であるというお話。

 

ではこのキラーストレスとは何か?というと要するに日常生活での刺激が多すぎると脳がオーバーヒートして、それが自律神経に影響を及ぼして症状・疾患として現れるというもの。

 

都会と郊外と田舎では、おわかりの通り都会は常に刺激にさらされているので脳の扁桃体が過敏に反応しやすい状態に知らず知らずになっているということ。

 

知らず知らずが積み重なり扁桃体自体が過敏反応するようなシステムになってしまうと、神経細胞の突起が増え、少しのストレスでも過敏に反応しだし、その結果、自律神経、ホルモンの分泌までも影響してしまい、症状や疾患となるということなのです。

 

なので、動く禅で「真のリラックス」ができる体になることが、脳のシステムまでも変えていくのですというお話をさせて頂いておりますが、まさしく、このこととも関係してきます

 

要するに刺激が多すぎたり、同じ回路だけ脳が使うようになると、脳はオーバーヒートしていろんな疾患、症状を通じて持ち主に警告をしてくれようとしているのです。

 

エンボディは、引き算ですよということをお伝えしていますが、まだまだ日本は戦後の教育、西洋的な考え方が定着している傾向があるので、商売もマスコミも、医療業界、食品業界も不足意識をあおり、足し算ばかりを推し進める傾向にあります。

それに簡単にのせられてしまう。

それで企業は儲けるという仕組みができあがっています。

 

なので自分を整えていくことで本質を見抜くことができるようになると、世間的な思考、意識に振り回されたり、一喜一憂されなくなります

それこそがまさに扁桃体の刺激を少なくできるということにもつながります。

 

特に私は出身が田舎者なのでわかるのですが、都会の刺激は楽しいし、便利な半面、体的にも心的にも自分をちゃんと調整しておかないとこの都会の人のエネルギーの渦、情報の渦に巻き込まれるなと感じていました。

なので、そこから生まれたエンボディでもあります。

都会でも世間、情報に流されない、渦に巻き込まれないで、体と心のバランス(軸)を育てるメソッドとして・・・

 

今、こちらに移り住んで2ヶ月半くらい、自由が丘は都内といってもエネルギーが比較的ゆったりな所でしたので大変気に入っていたのですが、それでもこちらの空気感はまた、一段とゆっくりとしたエネルギーが流れています。

 

鹿児島、福岡、大阪、東京と移り住んできた私としては東京のエネルギーは刺激が多かったのか、楽しい半面、体はちゃんと警告を出してくれた時期もありました。

 

喘息みたいな症状で夜が眠れないという体験をした時期もありました。

まさしく、知らず知らずに扁桃体が過剰反応をしていたんだなと思います。

東京に来て3年目くらいの時だったでしょうか・・・

 

なので知らず知らずの積み重ねというのが一番厄介で、いのちの感性が鈍れば鈍るほどサインを早めにキャッチすることが難しくなるということなのです。

 

私も自分メンテナンスをしていたので、早く症状が出て一気に治癒力が働き出して、ひどく症状が表に出てくれたから、早めに改善ができたともいえます。

*いのちの力が強いと破壊する力も強いので治癒力、回復力も早くなります。

 

私はこちらにきてエンボディを再開して思ったことなのですが、1時間程の時間はかかりますが、都会で沢山の刺激にさらされ頑張っている皆さんだからこそ、こちらに来て体を緩め、心を解放し、頭(脳)の疲労を解放し、月に一度のリズムでも、自分をリセットする習慣をつけていくだけで扁桃体の過剰刺激も減るし(ストレス反応の軽減)、何よりもいのちが喜ぶことにつながるなと感じています。

*脳のシステムが変容するまでご希望の方は、疲労度にもよりますが、なるべく詰めて来られることをおすすめします。

そして、疲れが取れてきていのちの力が回復してきたら回数を減らしても戻りにくくなります(ダイエットと同じです、定着させる、脳が違う回路を使いはじめる)

 

表面的な喜びよりも、いのちが喜ぶことを優先にしてあげると本質をみる目(感性)が育ち、都会でもある程度バランスを保ちながら生きていくことができるのではと思います。

*私も実感済みです

 

脳科学も発達してきた今、脳がすべてに影響を及ぼすことも研究結果としてわかってきました。なので、欧米諸国でも瞑想を企業でも実施されるようになってきたともいえます。

 

私もエンボディを立ち上げる前から(10数年前)、これからは、脳の疲労を取ることが大切だと訴えてきたことが、ようやく世間的にも認知されてこようとしています。

これは、いのち自体が活かされることにつながります。

 

皆さんも足し算意識から、引き算意識。

 

あらゆる世間一般的な情報も断食して、なるべくパソコン断食もして、頭(脳)の疲労を軽減してあげてくださいね。

すると必要なことだけ情報は入ってくるようになります。楽ですよ〜。

 

それでは、今日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

今日も心地よい一日をお過ごしください。