内なる心地よさ感じてますか・・・

皆さん、おはようございます。

 

先日の夕景。

久しぶりに富士山が綺麗にみえました。

夕日とのコラボ綺麗ですね。

 

この後、空全体が赤色に染まり、何ともいえない空となりましたよ。

 

 

空気が澄んでくる時期に入ってくると、富士山が身近に感じます。

これからが、また楽しみです。

 

さて、先日は「すべては内臓」という内容となりました。

 

私達が生きていくのに大切なものは、ちゃんと困らないように本当はすべて用意してくれているということでもあります。

 

そんな有り難いことに気がついて生きていくのか、いかないのかで大きく人生は変わってくるように思います。

 

何がと言われると、一番は心です。

心の状態です。

*不安、心配の度合い

 

自分の中に、必要なものがすべて内臓されていると思えれば、不足感が減ります。

 

多分、不安、心配、愚痴、空虚感、自己卑下、他を責める、比べる気持ちが少なくなってきます。

 

生身の肉体を持った人間ですから感情はあります、出てきますが、長引くことが少なくなります。

 

どうしても自分を認めてあげられないなと感じている人は、同じ感情を思い出しては繰り返し、刷り込みをしているのです(意識、無意識に関わらず)

ただ、それだけのことなのです。

 

刷り込みの回数(期間)が多ければ多いほど、心の殻は固くなり、自分で自分をがんじがらめにしてしまいます。

 

でも、それも自分でやったことで、そのことを通して、本当の自分に気がついていくプロセスだからそれも良しなのです。

そういうことも解決するプログラムも内臓されているということです。

 

なので、外向きなことで自分を喜ばすことばかりに翻弄するのではなく、頭であれこれ分析したり、考えたりするのではなく、内なる力が発揮しやすいように(魂が喜ぶ)、肉体、心の解放(お掃除と管理)を定期的に行い、内臓されている有り難いプログラムが作動しやすいようにしてあげるという努力だけしていれば、あとは勝手にプログラムは作動します。

 

ただ、ひたすら自分の内側が喜ぶことをしていくだけでいいということ。

 

静寂な心、内側から広がる感じ、体と心に空間ができていく感じをひたすら刷り込むのです。

なので、先程と逆です。

 

とにかく、内なる空間を広げることを繰り返し、繰り返し刷り込むと勝手にプログラムは作動するということ。単純でしょう・・・

 

本当の「快」(真のリラックス)を知るということ。

*自分の内側の本当の喜びは何かを体を通じて実感するということ

 

空間(体と心)がたくさんできればできるほど、プログラムは見事に作動してくれます。それに気がついていくと感謝だらけです。

 

よく「結果より、プロセスを楽しむ」と言われていますが、私達は言葉ではわかっていてもやはり、早く、結果をとか、賞賛されることを、認めてもらうことをと、焦る気持ちが先に立ちます。でも、そうすればするほど、空回りします。

 

プロセスを楽しむとは、私の場合は、内臓してくれているプログラムがどう作動していくのかを楽しんでいるという感じでしょうか・・・

 

難しく考えよう、複雑に考えようとすればいくらでもその渦に巻き込まれます。

 

だからこそ、単純に・・・

体も心も心地よい状態に戻す(疲れを取る、お掃除と管理)

 

内臓してくれている力に完全に任せられる状態(信じきれる状態)まで、体にも心にも繰り返し、繰り返し、思考が介入しなくなるまで、よい刷り込みをしていくことだけをしていけばよいのかなと思います。

 

ということで今日はこのあたりで終わりにしたいと思います。

 

久しぶりに土日とも晴れマーク。

空気の澄んで心地よい一日のスタートです。

 

今日は江の島は花火大会があります。

マンションの屋上から見ますよ〜(明日、写真掲載できるかな?)