春は痛み(張り)を感じやすい季節

皆さん、おはようございます。

 

今日は写真がなかったのでたんぽぽの写真を載せてみました。

 

先々日は、全国各地で春一番が吹き湘南は海岸の砂が舞い、

砂の嵐でした。

 

もうすぐしたら、たんぽぽもあちこちにみられるのでしょうね。

 

さて、今日は今の季節から感じることが多くなる「痛みや張り」

について書かせていただきます。

 

春は「張る」

 

肝の気が高まることでの「筋肉の張り」を感じやすい季節です。

*「肝と筋肉」は対応しています

 

冬に不活溌であった代謝が徐々に高まり、体内浄化、解毒が

はじまります。

 

なので、先日書かせて頂いた、香りや苦味のある食べ物も利用して、血液を綺麗な状態にしていこうという働きも始まりだします

 

それに伴い、骨盤も動き出し(微妙な動き)、冬に固めていた所(流れが滞っていた所)が流れ出すことで、余計に痛みを感じる

人も増えてきます。

 

それは悪いことではなくて、むしろ動き出し、流れを改善しよう

という内なる智慧(力)によるもので、治癒力が活発に働いて

きているというこになります。

 

なので、むしろ歓迎(感謝)してあげてくださいね。

 

冬に固めていた肩周辺の痛みを感じる人も増えています。

 

それも、体自体の智慧が働き、外敵の寒さから内部(内臓)を

守るために(放熱を防ぐ)ため肩周辺を固め、体全体を固めて

いのちを守ってきてくれたのです。

 

なので、冬の間は呼吸も浅くなってきています。

 

春になり筋肉の緊張がとけ、神経の緊張がとけてくることで

呼吸も徐々に深くなり、体が「張る」という状態を感じやすく

なります。

 

*冬の間も緩めて、深い息が入りやすい状態を

つくっていた方は楽です。

 

皆共通ですので、この体の内部が動き出す時に内側のエネルギーをどんどん動かしてあげると、一気に代謝が高まり、夏、秋、冬と過ごしやすい体と心の土台をつくる時期でもあります。

 

胸を解放し、お腹を解放し、全身を解放していきましょう。

 

有り難い仕組みに感謝しながら・・・