スピリチュアルに生きるとは?・・

皆さん、おはようございます。

 

春は、いろんなお花が満載です。

 

これは自宅に咲いているマーガレットの一種。

 

 

今は、マーガレットも沢山の種類、色があり、4種類くらいのマーガレットを庭に植えています。

 

これから、益々お花の共演が楽しみです。

 

春になってくると、自然界だけではなく「私達の体内も変化

しています」というお話をさせて頂いています。

 

体内が変化しているということは、当然、心も動き出します。

 

自律神経も交感神経優位の状態から副交感神経が優位の状態に

普通は変化していきます。

 

今、現代人は交感神経と副交感神経のバランスが逆転していて、

副交感神経が優位になるべく時にスイッチが上手く切り替わら

なくて、常に神経の緊張状態が続いている現実があります。

 

例えば・・・

日常での緊張の連続(仕事、人間関係の荷重)、情報過多、

パソコン、スマホの一点凝視(一語一句間違えない入力)、

SNSなどの発達で常に刺激を求める続ける脳

(周りの人の目を常に気にする)、自己アピール合戦(不自然)、同じ姿勢の連続、食の過多など

 

家でゆっくりしているつもりでも、パソコン、スマホから目を離さない日常の習慣。

 

ただ、だらだら寝ているだけ、過ごしているだけ・・・

で神経が休まっているという勘違い。

 

家にいても頭(思考)はフル回転で休まることはない。

神経の緊張は解放されていないことに気がついていない現実。

 

お風呂に入る、旅行にいく、好きなことをする。

これも一種の神経の緊張からの解放。

 

 

ですが、真に緊張が抜けるのは、深い呼吸ができている時。

 

体全体で息ができている時。

 

自分の静寂さ(自己とつながっている時)とつながっている時。

 

思考が浮かばない時。

 

生命歓喜状態(いのちの有り難さに感謝の気持ちが湧き上がる)

 

なんだか心地が良い(快)というの状態。

 

この心地よいという状態を日常でどれだけキープできるかが、

いのち本来の働きに任せて生きていくことでの幸せにつながる。

 

*深い呼吸(息)が入る状態をどれだけ肉体が体感しているかで

キープされる状態が決まる(潜在意識の性質上)

 

それには神経の緊張をちゃんと解放してあげることも必要である。

 

緊張の連続が過緊張状態になると、体や心や人生において不具合につながりやすくなる。

 

でも、それはいつも申し上げていますように「いのちの本来の働きができなくなっていますよ」「狂い」「ズレ」が生じていますよという愛のメッセージ。

 

それには理屈抜きに神経の緊張を解放することが早道。

 

わかりやすい肉体を緩めていくことで、奥底の体や心の滞りが無理なく解放されていく。

 

そして、自然と息が深く入る肉体状態になる。

 

すると同時に心も自然も解放されている。

その連続により、神経の緊張は開放されやすくなる

*自律神経の働きが正常化しやすい

 

そして体の中心には、自然な軸が出来上がり、心は揺れても戻る

肉体もズレが生じてきたら、違和感として内側から訴えてくれるようになる。

 

訴えに対して、今できる修正をしていくかが私達の大切なお仕事。

 

これが内なる対話であり、自分を大切にすることになる。

 

スピリチュアルに生きるというのは、こういうことではないか

思っています・・・