桜散る・・有り難し・・・

皆さん、おはようございます。

 

先日の雨で桜もほぼ散り、今年の桜の時期も終わりましたね。

 

「桜が咲く、桜が散る」

ふたつでひとつ。

 

 *下の写真は、先々日の鎌倉の桜です。

咲く方ばかりに意識を向けてしまう私達ですが、散ることにも思いを馳せていくと桜が2倍も3倍も楽しめます。

 

散った後のピンクの絨毯と生まれたての新緑。

これも何とも言えないですね。

 

散ること=散るの「ち」は力の「ち」でもあり、「地」であり、「血」であり、「智」でもあります。

 

散ることで、新たな力が産み出される。

 

産み出された力を周りに与えていく

 

新たな始まりという意味合いもあります。

 

 

なので、日本は4月が新年度(スタート)の時期になって

いるようですよ。

 

なんだか、日本っていいですね

(どの国も素晴らしいのですよ)

 

心豊かな感じがします。

*日本で生まれ育っているので愛国心とやはり日本が好き。


そして、先日は満月。

 

夜もチラチラと、雲の合間から顔を出してくださっていましたが、下の写真は今朝の満月の写真と綺麗な朝焼けの写真です。

 

昨日の雨は、すべてを洗い流してくれた雨だったように感じます。

 

夢で、近所中に泥棒が入り、家のお金も綺麗にすっからかんになった夢をみました。本当に一銭も無い。

 

「空っぽ」

 

朝、目覚めた時、本当にスッキリと真っさらな自分がいました。

幸せを更に実感した朝でしたよ(^^)

 

今朝の空も、皆さんも見上げてください。

もう、たまらなく感動しますよ。

 

生かして頂いているこの生命、有り難いですね。

 

今日も真っさらな一日を思いっきり楽しんでください(^^)