赦すことは、自分を愛すること

皆さん、こんにちは(^^)

 

この写真は先日の夕景。

シルエット富士山。

そして江の島の灯台。

美しかったです。

 

それに加えて昼間は、連日、夏を思わせるような

天気が続いています。

 

気温差に対応できる体、そして左右されない

心の状態は普段の呼吸の状態と深く関係しています。

 

呼吸が常に深い体の状態ができていれば、外的ストレス

(環境)に影響を受けても、調整を自動的にいのち側が

素早く調律してくれます。

 

 ですが、日頃から呼吸が浅い状態の体であればとても

影響を受けてしまう時間が長くなります。

 

いつも申し上げていますように、なるべく体に空間

(各関節、お腹、胸、顎周辺、眉の間)がひろがって

いる意識を持ちながら立つ、所作に気をつけてみる。

 

そして、同時に呼吸も意識的にゆっくりしてみる。

 

それを気がついた時にするだけでも、かなり体内部の

気血の流れ、神経の流れは変わってきます。

これはいつでもどこでもできること。

 

それと大事なことがもう一点。

 

自分が自分にかけている言葉(声に出さなくても・・)

思い癖に少し氣をつけてあげること。

 

細胞は私達の想い、言葉を振動数で聞いています

(感じ取ってすぐに反映してしまいます)

 

これが体の状態と心の状態に反映されます。

 

私がお伝えさせていただいている「呼吸道」は

呼吸のやり方以前のことを重要視しています。

 

呼吸が深くなる3条件。

1,自分を赦していること

 (愛していること、好きという気持ち)

2、身体の空間(空間場=エネルギーの循環、増大)

3,各神経回路の連絡(自律神経)、内分泌腺の活発化

  臓器同士の連動力など・・・

 

この3つが合わさり、呼吸の深さだけでなく、

心(意識)の拡大につながることが大事で、それが

その人の在り方につながってくる。

そう感じています。

 

まずは、何をやるにしても自分を好きだという気持ち

赦して、愛している気持ちがないと知識でいろんな

ことを学んでもいつまでも堂々巡りは止まらない。

そう思います(^^)

*私、さんざん体験済み

 

自分を好きになる第一歩は・・・

ただ単純に緩める(体も心も)=許す=赦す→愛に変わる

というか自分を愛おしいという感情が伴えば、必ず呼吸は

深くなります。

 

頭で愛していますと唱えても、堂々巡りはとまりません。

なぜなら、心からの感情が伴わないと(脳が感じる)

根本の変容は起きないようにもなっているようです。