ことばの響きと妄想を楽しむ

皆さん、こんにちは(^^)

 

この写真は近所の桜。

前回よりも蕾がたくさん増えていました。

 

いのちの息吹感じます。

 

さて、関東地方は寒さも一段落とついたと思いきや、今週はまたまた雪予報が・・・

 

でも「ゆきっ」て響きなんかいい感じですよね。

 

雪に対するイメージや記憶と結びついているからでしょうね。

*東北の方々にとっては大変な記憶しかないかもしれませんが・・。

 

「ゆ」のつく言葉には・・・

温泉の「ゆ」だったり、ゆらぎの「ゆ」、ゆっくりの「ゆ」、ゆったりの「ゆ」、

夢の「ゆ」、委ねるの「ゆ」、ゆとりの「ゆ」、由縁の「ゆ」、優雅の「ゆ」などなど

 

「ゆ」のつく言葉の響きは人を和ませ、本来の働きに戻す働きがあるのかもしれませんね。

 

もし、今、なんか疲れているな、イライラしてしまうなとか、寂しいなとか、不安だなとか

頭によぎったら、それで頭をいっぱいにせずに、「ゆ」のひらがなを思い出して・・・

 

そして妄想タイム。

湯に入って「はぁ〜気持ちいいなぁ〜」とくつろいでいる自分を思い出すとか、

雪の幻想的な風景を思い出すとか、夢などに思いを巡らせるとか・・・

そうすると心はすぐに和やかさを取り戻します。

 

たった一瞬でもいいんです。

その一瞬の積み重ねが感情の固定の解凍するのを手助けしてくれるのです。

 

自分の縮こまった心、枠を広げる練習にもなります。

 

若いときって夢に対しての妄想とか、すごくなかったですか?

 

叶うとか叶わないかという考えは全く無く「こうなったらこうなってとか・・・」

一人で妄想してにやけたり、幸せな気持になったり、友達と妄想ごっこして楽しんだり・・・そういうことで頭をいっぱいにしていましたよね。

 

今もその感覚がとっても大事なのです。

 

妄想できる=頭の柔軟度が高いということ。

 

ということは、何がなくても楽しめる能力が高いということ。

*何かをしなければ、していなければ幸せを感じない、生きがいを感じないと

いう焦りの気持が少ない。

 

何気ない普段の生活の中に幸せの種をたくさん見つけられるということ。

 

自分の中で妄想したり、創造するのは誰の迷惑にもなりません。

どこまでも無限に広げることができます。

自分への幸せの種まきです。

 

2018年は「8」∞。

無限大に妄想を広げることを楽しんでみたらいかがでしょうか?