柔かな陽射し

皆さん、おはようございます。

 

柔らかい朝の陽射しと桜と黄色い花のコラボ。

 

この光がなければ私達も地球上のすべて

の生命体も生きていくことができない。

 

かつてマンモスの時代から今の時代に

変わるまでに地球は何度もリセットを

繰り返してきている。

 

大昔は恐竜時代があったなんて想像も

できませんが実際に恐竜の骨は

発掘されていますね。

 

その時代にタイムスリップしてみたい(笑)

 

 

恐竜時代のリセットの時は太陽の光が届かなくなり

氷河期となりすべてが絶滅した。

*太陽の光がどれだけ大切かがわかります。有り難い。

 

そして何千年もの時を得て今私達はここに存在している。

 

壮大な年月をかけての今。

 

そういう風に思いを馳せてみると今ここにいることへの

感謝が湧き上がってきます。

 

自然界は常に謙虚で潔い。

どんな状況でも受け入れている。

 

例えば食物連鎖。

地球上の調和のためいのちの存続のためにいのちを捧げあっている。

*もちろん動植物にはそんな想いはない。

 

ただ生の続く限り一所懸命に生きている。

愚痴、文句、不満もいうとこもなく・・・

 

頭が下がる。

いつも頭がさがりっぱなしばかり(笑)

 

その頂点にいるのが私達。

頂点にいる私達が幸せだと思って暮らしていなければ

申し訳がたたない。

 

いのちを捧げてくれた恩返しとしてなるべく食べるものや

今の状況、環境、人間関係を含めすべてにありきたりですが

感謝せずにはいられなくなります。

 

感謝とは「謝りを感じる」と書きます。

 

何に謝るのか?

それはこれだけ愛され、守られ、活かされ生きることができているのに

不平、不満ばかりってごめんなさいって・・・

 

そして自分をいつどんな時も導いてくれている自分(魂)

そしてどんな時でも生かしてくれている力

 

私達のいのちを存続させてくれるために喜んで食卓に

並んでくれた食べ物たちに感謝。

*どんな食べ物も美味しい、美味しくない関係なくご縁が

あったことが有り難い。

 

私も書かせて頂きながら自分にいつもいい聞かせています。

 

「つい」癖で出てしまう不平、不満、愚痴。

少し心のゆとりが出るようになると気づける。

 

これが大事に思うのです。

 

完全、完璧でなくていいし、肉体を持っている以上なれない。

 

でもいつも無意識で言っていたものを一日一つでも気がつければいい。

 

そうしていく内に気がつく事が増え口に出す言葉が変わる。

 

そうすると自分が楽になる(心身)

自分が好きになってくる。

*もちろん嫌いな部分も受け入れられる

 

人生が変わってくる

*変えようとしなくてもいい(気づいて修正の繰り返し)

 

エンボディで空間を広げていることを繰り返しているのは

「心の空間、ゆとり」を拡げるため。

 

心のゆとりができるから気がつける。

 

いろんな角度から見れる余裕ができる。

 

すると自分が楽になり、人生楽しく生きていける。

 

以前書かせて頂きました「自然な呼吸をゆっくりで感じ続ける習慣」

を続けるだけでも自分が満たされていき、心にゆとりができる。

 

ゆとりがない時ってやはり攻撃的になるのが人間。

それは自分も人も環境も傷つけたり、知らず知らずに影響してしまう。

 

それではいのちが喜ばないとしたら・・・

あなたならどうしましょうか?

 

柔らかな陽射しを浴びてみればあなたの空間が広がり、今日一つでも

自分の無意識の口癖に気がつくかもしれません。

*時間が取れない方は、この写真の柔らかい陽射しでもいいですよ

 

試してみるのも楽しいかも・・・

 

今日も晴れになりそうですのでぜひやってみてください。

興味があるひとは・・

 

ではでは素敵な一日をお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡感謝

 

エンボディは・・・「ご縁でつながる」「すべては循環」「ひとつながり」

 

<3つの回帰>いのちの原点に還る「自然回帰」

                「自分回帰」

                「原点回帰」

     そんな想いで考えられたネーミングです。