天人地

みなさんおはようございます。

 

先日の夕景。

 

空いっぱい真っ赤に染まっていました。

*昨日は帰りが遅く海まで出かける

時間がなく自宅でパチリ。

電柱はご愛嬌で・・・

 

生で感じてもらえないのが残念です。

 

今年はもう少し季節がよくなったら

富士山と海と夕景をみながら気功を

やりたいなと思っています。

 

外でやるとそのまま直接

「大地のエネルギーと天のエネルギー」

をチャージできて最高に幸せを

感じることができます。

 

言葉が必要のない世界。

 

ありのままの自分ってこういうことなのかと・・・

 

 

天に生かされ、地に愛されて今ここに私が存在できていることが実感できてきます。

 

東洋の思想には「陰陽」「五行」「三才」という思想があります。

 

その中の三才が「天人地」と言われるもので「天地人」と言われている

こともあります。

 

三才とは無限の働きというか成り立ちのこと。

 

天の氣と地の氣が合わさり「人の氣の働き」となっている。

 

私達は天の氣と地の氣がなければ人としての働きができない。

 

そもそもこの地上で生きていけないということ。

 

天の氣はまさしく「天気」もそう。

太陽もそう。

ニュートリノ(愛の素粒子)ヒッグス粒子(神の素粒子)もそう。

 

細かく言い出すとキリがないほどたくさんの愛が天から降り注いできている

*降り注ぐ感覚って日本人の思想みたいです。

 

地の氣は大地、地球、重力だったり・・・

地の恵みはお米、穀物、野菜、果実類など

 

この2つの氣がなければまず「息」ができない。

*酸素が創られない

 

なので「天を敬い、地に感謝する」って言われてきました。

 

なのに最近地球のバランスが崩れている理由(不調和)は・・・

天地人「天人地」が「人天地」になってしまったこと。

 

人が神の働きや自然の働きを無視して利益、利潤追求のために

自然環境を破壊してしまっていること。

 

あらゆる所の木を伐採し「肉肉って」人間のエゴの為に山を切り崩し牧草地

にしてしまい、油田開発で掘るだけ掘ってものすごいヘドロだらけの大地が

拡がっていたり・・・

胸が痛いです。

 

そう書きながらでも自分もお肉も頂くこともあるのでごめんなさいという所も

あるのですが、いのちにかえさせて頂く気持ちでは頂いております。

 

環境破壊、破壊、温暖化といっては「グチグチ」と言いながら肉を貪る。

「ん〜」?「ん〜」?となってしまいます。

 

ですが反面では本当に環境問題に長年にわたり力を注いでくださっていること

方もたくさんいらっしゃいます。

 

どちらがいい悪いではなくつい忘れて人間勝手な行動、言動になってしまう。

それほど無自覚的なりやすいということ。

 

先日は日本語(あ〜ん)のひとつひとつの音(意味合い)の素晴らしさから

生まれた元々の日本人の精神性の素晴らしさを学ぶ機会を頂きました。

 

日本人がいかに「生かされて、活かされている感覚」を大切にしてきたか、

ご先祖様達がそうしてくれてきたか・・・

 

あらゆる月ごとの行事などもそう・・

 

「天人地」であることをいつも忘れない精神性の高い日本人。

 

もちろん日本人だけでなく各国の先住民と言われる方々やハワイなどは

その精神が今でも残っている。

 

そして日本が今注目されているということは「目にはみえないもの(働き)」

にまで感謝の気持ちを向けることができる精神性に諸外国の方々が「本当に

大切なことは何なのか」に気づきはじめているのではないかと思います。

 

令和はそんな意識に世界中が戻っていくことを願っています。

ひとりひとりが真の調和に向かい、真の幸せ、真の笑顔で生きていく人々が

増えてくこと・・・

 

自分もその在り方を忘れずに楽しく歳を重ねていけたらと思っています。

 

そして引き続き日本の精神性を伝えて続けていこうと思っています。

*身体を通じて、言葉を通じて、感性を通じて・・

  

皆様、引き続き素敵な一日をお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡感謝