お米=いのちの根

皆さん、おはようございます。

 

先日は5月らしい五月晴れ。

 

五月晴れって六月の季語で、梅雨の

合間の晴れた日を五月晴れと呼ぶ

とも言われています。

*本当は六月に使うそうです。

 

あと、五月は「皐月」とも言われます。

 

皐月の「さ」は耕作の「さ」

稲作の「さ」とも言われています。

 

苗を植える時期「早苗月」から皐月になったとも・・

 

「皐」の漢字に「神に捧げる稲」という意味があるそうです。

 

稲は太古の昔から私達のいのちを育み、いのちを養い、いのちをつなぐ

最も大切なもの。

 

神から与えて頂いた大切なものだと言われ続けてきた。

 

稲は「いのちの根」

根っこ=土台(生きていく)を培う。

 

米という字は光を八方に広げていくという意味合いもある。

 

米を食べることで、内なる元気が蘇り、元々の光(純粋な意識)

外に拡がって放たれる。

 

ひとりひとりの光が光に反応して調和、平和となる。

 

お米のススメはお伝え続けて来ていますが、一番心も落ち着きます。

 

私の大好物はおにぎり。

いのちを引き取る時には、最後に食べたい食べ物です。

 

「氣」言う字も元々の漢字は「米」が中に入っていました。

 

氣が養われるには「米」が必要でもあるし、氣が養われると

光が八方に拡がるということを昔の人は知っていた。

 

アメリカのGHQ政策で日本人の素晴らしい精神性は封印される

ように仕向けられた。

*内なる霊力、感性、精神性が優れていたので・・・

 

なので漢字も「氣」から「気」になった。

 

「気」は中が「〆」になったことで氣を封印する

閉じ込めるように仕向けられてきた。

 

「〆」とは閉じる。

 

ハンバーガー政策にしても、小麦政策にしてもすべては

元々の力が発揮でないように仕向けられてきた。

*骨抜き状態

 

でも、今からは日本人が元々の力を思い出し、発揮していくことで

世界を地球をよりよい調和「和」へと導ける時がきたように思います♡

 

だからといって気合をわれるわけでも、頑張るわけでもなく

皆様の「氣愛」が「輝愛」に変われば自然と「和」になる。

そう思っています。

 

先日の写真。

綺麗な青空に大きな「龍」

 

「龍」は私達の中に眠っていた神聖さを思い出させてくれる

象徴のようなものだと私は捉えている。

 

昨日の雲の変化は面白かった。

 

写真の龍雲の横にも、今度は縦長の龍のようなものが

顕れて向かい合った2頭(匹?)の龍が出現。

 

本当、曇って面白い。

たまらない。

 

今度、なんちゃって「雲グラファー」のアルバム第一弾を作成予定。

*自分で楽しむ用です。

 

空が拡がっている湘南は、雲を撮るのには最適。

今年もバンバン撮りまくります♡

 

ということで「お米」食べてくださいね。

 

糖質ダイエットが流行っていましたが、ずっと続けると

精神的な異常にも結びつきやすくなります。

 

どうしても体重が気になる人は、お米以外を制限して

みたらいかがでしょうか?

 

ということで今日も素敵な一日をお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡感謝