怒り

皆さん、おはようございます。

 

上の写真は秩父のポピー畑。

 

暑いのに、赤の花。

「暑っ」と思われた方ごめんなさい。

あまりにもきれいだったので・・・

 

一気に気温上昇していますね。

 

暑さに身体が慣れていないのと氣が一気に上がったので

心身ともに不安定さを感じる人も多いかもしれませんね。

 

でも大丈夫。

そんな時こそ、ゆっくりと自然な呼吸を楽しんでみる。

 

ゆっくり、ゆっくり焦らずに・・・

 

そうしていくと呼吸が落ち着き、身体が心地よくなる。

 

同時に心もゆったりとしてきて、心も落ち着いてくる。

 

暑くなると氣が一気に頭の方へ上氣するので「イライラ」や「モヤモヤ」

があがりやすくなる。

 

暑くなってくると何だかイライラモードの人が増える

*それは身体の流れがスムーズにいなかないから、

怒りで発散していたりする(笑)

 

身体と心の関係性は切り離せない。

 

面白いことに「怒り」が一番心身の調整になったりすることもある。

 

心に蓄積しているものを自動発散。

身体の流れを一気に変える。

魂的な記憶の昇華にも怒りを通じてなされることもある。

 

だからといって「怒れ」ということではない。

 

誰でも健全な怒りの感情ってあがってくることがある。

生きていれば誰でも・・・

 

それを人に出す時もあるかもしれない(特に家族や心許している人には)

それもその流れで起きたのなら必要なこと。

 

でもできれば人に対して怒りがあがってきている時は

ちょっと一呼吸。

 

「自分は何に対して怒っているんだろう」と言う風に

自分との対話に結びつけることができる。

 

「なんで怒っているの?」って自分に聞いてみたらいい。

自分の言い分を聞いてあげられるチャンスでもある。

 

自分の言い分を聞いてあげたら、案外怒りって収めようと

しなくても自然とおさまってくる。

 

そしてその言い分どおりにしてあげられることをする。

例えば、必要な栄養がほしかったり、睡眠が足りなかったり・・・

 

その時々で訴えがあるはずなのです。

 

そうしていくことで魂も成長する。

*自分と仲良くなればなるほど

 

心身とものバランスを取り戻すきっかけにもなる。

 

自分に対してそういう扱いをしていくようになると

周りの怒りっぱなしの人にもちょっと寛大になったりする。

*必要以上に巻き込まれない

 

どんな時でも自分の言い分を聞いてあげるようにしていけば

大抵のことは自然とおさまる。

*どんな感情も・・

 

でも、おさまらない時は発散しても良しという風に自分を

許しておくのも大事。

 

そのことでお互いが学びになったり、お互いの魂的な気づきにつながる

こともあったりするので・・・

 

いずれにしても気温変動が激しい時は「ゆっくりと呼吸をして氣を鎮める」

 

そうしていくと乱れがちな自律神経もバランスを徐々に取り戻す。

 

5月は眠りが浅いと訴える人も多い。

だからこそ、呼吸を活かして欲しい。

 

今日も暑くなりそうです。

いつでもどこでも呼吸を意識してみると氣が肚の方へ落ち

氣も落ち着いてきます。

 

では今日も素敵な一日をお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡感謝