梅の活用

皆様、おはようございます。

 

湿度あがってきましたね。

 

我が家の愛犬もいきなり嘔吐。

毛穴がないワンちゃんは人間よりも敏感。

 

そろそろクーラーのお部屋に移動かな。

でもいつも微妙。

クーラー漬けが果たしていいのかどうか・・・

 

湿度が高くなると食べ物も腐敗が早まることで

一番怖いのが食中毒。

 

胃腸の働きも停滞しがちになったりすると

内臓が下がり気味になり、腰痛、膝痛。

 

あわせて首周辺の凝り、痛みなども出やすくなってきます。

 

そして、うまく汗がかけなかったりすると余分な水が体内に溜まりむくみ、

怠さに繋がります。

 

呼吸が浅いと息苦しさも感じて不快指数もあがってきます。

 

まずは自分はどんな傾向があるのかを知ることが大切。

 

むくみやすい

汗をかきにくい

怠くなりやすい

息苦しさを感じる

四肢がだ怠くなりやすい

胃腸が重たくなる(排泄不完全)

腰痛、膝痛が出る

首周辺がこる

などなど、今の状況を一旦確認してみる。

 

そのなかで日々心がけできそうなことをやっていく。

 

例えば、汗をかけない人は膝裏を伸ばす

なるべく大股で歩いて代謝をあげる・・・とか

 

お風呂で塩、酒風呂にするとか・・・

 

それぞれで自分を観てやってあげてくださいね。

何をすればいのちが働きやすくなるかなって・・・

 

私のオススメはいずれの状態にも有効だと思われるのが「梅」の活用。

 

梅は万能選手。

特に日本人にはピッタリ。

 

梅は三毒を消すと言われています。

血毒・水毒・食毒

 

血毒・・血液の汚れ

水毒・・水の汚れ(排出しきれていない水)

食毒・・食の乱れによる体内バランスの乱れの改善、

    食中毒などの予防

 

梅は以外とカルシウム、鉄、リン、カリウムが多くむくみには

もってこい。

 

それと有名なクエン酸が豊富。

クエン酸は疲労回復効果。

 

そして梅はアルカリ性食品。

どうしても食の乱れ、偏りにより血が酸性化して

ドロドロ血液になりがち、ドロドロ血液をサラサラに変えて

くれる効果も期待。

 

いろんな料理に使ったり、飲用したり、おにぎりにいれたり

そのまま食べたり。

 

想像しただけで唾液が出る。

それがまたいいのです。

それだけで自分にとって大切なお薬がちゃんと出てくる

 

私も上の写真の梅酢を炒める時に使ったり、料理に使ったり

飲用したりしています。

今は梅ジュースとか酵素の梅ジュースもあるので好きな形で

活用してみてください。

 

冷えがある方は梅番茶がオススメ

*これもいつも定番でのご紹介

 

ちょっとしたことですが、そのちょっとが大事だったりします。

 

良かったらご活用ください。

 

そして今日は新月。

食、お風呂など少しデトックスを意識するものを食べたり

使用するとよいかもしれません。

 

ということで、今日も素敵な一日をお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡感謝