しずく・・・

皆さん、おはようございます。

 

今年は梅雨らしい梅雨ですね。

 

先日は、久しぶりに糸かけを楽しみました。

テーマは「しずく」

 

ひとつひとつの雫が、植物や花、木々、

大地、私達を潤してくれる。

 

こんな雫が絵本の世界のように落ちて

くるのが見えたら楽しいですね。

 

そんなことを創造しているだけで楽しい。

 

私達は創造主と言われていますが

皆さんはそのことをどう捉えていますか?

 

 

だとすれば雫も私達が創造したから

物質となって顕れてきている。

 

雫も私達人間が創ることはできないけど、創造すると目の前には

顕れてくる。

 

なので創造した人(意識)にしか見えないともいえますよね。

*感じれない

 

現実社会もすべてそう。

 

あなたが創造したものしか顕れない。

 

物も人も現実もすべて・・・

 

いつも申し上げていますが目の前の顕れている世界は

あなたの創造したものばかり。

 

願いが叶っている。

思ったとおりになっている。

としたらどうでしょう。

 

でも中々それを受け入れるのは簡単なようで大体は更に

複雑化してしまったり、自分を攻めたり、過去を攻めたり

してしまうものです。

 

そして心の奥では抵抗してみたり・・(笑)

 

面白いことに目を醒まして行く過程で必ず導いて

くれている人(伴奏者)や師、先生、上司などなどに

反抗期のような反発期がおこります。

 

私も体験してきましたし、私もできるだけ受け止める

ことに努めてきました(私なりの)

 

きたきたぁ〜って(笑)

いいぞ〜って言う感じでしょうか・・・

 

そして本人がやっと自分ごととして捉え出すとおさまって

きます。

 

本当、子供成長も大人になったからの成長の段階も変わらない

自分も含め、本当に面白い。

 

それとか、もうひとつは自分ごととして捉えている「つもり」の

世界で納得してしまう。

*頭の理解で終わっている。

 

「つもり」の世界。

私もまだまだつもりも多いなぁ〜、多分。

 

すべてを完全に受け入れられたら肉体を卒業する時

なのかな・・・

 

今は昔の聖人と言われてきた方々の時から比べれば

地球の振動数、周波数があがっているので、今、覚醒しましょう

ブームみたいな感じになっている傾向もみられます。

 

覚醒ということの真の意もわからずまま・・・

なんだか情報だけが蔓延している感じがします。

 

まずは自分はどこに着地点を置くか

 

「足元をみなさい」という昔の方の格言。

 

足元を観る=今を観る

ちゃんと観る。

 

今とは瞬間の心。

今の現実。

 

感情は観たら放す。

 

現実的なことは必要なことは何かを考えて行動する(移す)

 

それだけしていたら、悩むことはない。

*悩むとは自分の感情について思い悩むこと。

 

 

感情は肉体と結びついているので、自分の持った感情で思い悩む

よりも、レッスン時にしているように「フリフリ」したら祓われます。

 

ゆっくり、心地よく息を吐き出し、新鮮で真っさらな愛のエネルギー

を吸い込む(有り難くいただくと)それだけで祓われます。

 

受け入れることができない=緩んでいない(芯から、真から、心から)

 

雨はなぜ?あるか・・・

植物、木々、大地にとっての恵みであると同時に

 

私達の心を洗心(洗流し)

自分の本心を聞くためのいい機会を頂いているのです。

 

自分の本心を聞けたら実は緩む。

 

6月が梅雨。

そして夏至があるのは偶然ではない。

そう思います。

 

ひとつの雫は同じ所に落ち続けたら、固い固い岩にも

穴をあけてしまう程のパワーがあります。

 

たったひとつ、何かを思い続けること(自分にとって大切なこと)

やり続けること。

 

それは目にはみえない力となり、いつも見えない状態で

支えてくれているのです。

 

だからこそ、今こうして生きている。

生きていられる。

 

そして生かしてもらえている。

 

あなたが創造した世界を生きている。

本当は有り難いことなのです。

 

朝、公園で紫陽花についた雫を眺めていたらこんな内容に

なりました。

 

着地点はいつも同じですが、刺激を皆さんに与えたいわけでない

ので、ご了解くださいませ♡

 

皆さんが自分にとって大切なことを思い出す、そんなきっかけに

なれば幸いです。

 

今日は曇りなのかな・・・

今日も皆様にとって心地よい一日となりますように・・(*˘︶˘*).。.:*♡感謝