人を褒める

皆さん、おはようございます。

 

これ何でしょう?

梅のジャムです。

 

この前仕込んだ梅ジューズを飲んだ

後、梅を煮詰めて梅ジャムにしました。

 

とっても美味しくて、自分で創ると余計な物が入っていないので嬉しい。

 

 

大体は梅って氷砂糖でつけるのですが、私は「氣が高まる砂糖」

っていうのを以前購入していたのを思い出し、それで

つけてみたました。

 

なので、多分、氷砂糖で漬けた味とは違うのかな・・・

 

梅ジャムの残った種は、醤油を入れて梅エキスたっぷり醤油に・・・

豆腐などにかけるとこれまたさっぱりして美味しい。

 

後はお刺身とかもこの時期食中毒も心配だったり・・・

梅醤油は殺菌作用も高いのでよいですよ。

 

以前も書かせて頂きましたが、この時期から夏にかけては

梅を活用してみてください。

 

怠さ、夏バテにも最適。

 

なんと言っても三毒を消す

(血毒、食毒、水毒)

 

梅干しを思い出した時にでる「唾液」

これもあなただけのお薬。

 

今、思い出してジュワ〜となったでしょう。

 

でもこの「ジュワ〜」となって唾液がでることも当たり前

だと思っているかもしれませんが、これって気血水の流れの

滞りと自律神経の狂いがあるとうまく出ないのですよ。

 

この小宇宙は本当によく出来ている。

感動ものです。

 

知ってあげればあげるほど、意識を向けてあげればあけるほど

感謝してあげればあげるほどに機嫌よく働いてくれます。

 

これって人間関係も全く同じ。

 

人のことも関心を持ってあげたり、知ろうとしてあげたり

感謝してあげたり(おかげさまを伝える)すると機嫌よく

動いてくれますし、人間関係も良好に・・

 

私達って「人に褒めてもらおう」「関心を持ってもらおう」

「知ってもらおうと」「わかってもらおう」ばかりに

意識を向けがちです。

 

だから、イライラやフラストレーションが溜まるのです。

 

お世辞で褒めるのではなくて「人を褒める」ってとっても大事。

 

人を褒めようというふうに意識を向けていくと、その人のいい部分を

探すようになります。

というか、そっちの方が目につくようになります。

 

でも逆に人から褒められよう、褒められようとしていると

いつも人の目が気になり、常に緊張が伴います。

*これって実は無自覚のことが多いので気が付かない人も多い

 

これ、私もしていたのでとってもよくわかります。

 

多分、日本人は特に多いかもしれませんね。

 

それは自分に自信を持てないからでもあります。

 

でも自信って持たなくてはならないのではなくて

自信はあろうとなかろうと、今、ここに生きている

ことだけに感謝していけばいいだけのことだったりします。

 

そうすると、自分(いのち)に意識のベクトルは向きつつ、

人にも意識のベクトルを向けてあげるゆとりが生まれます。

 

自分のいのちの貴重さをを感じれたら、人のいのちも同じように

感じてられてきます。

 

するとちょっとした変化も良いところもみえてくるので

それを口に出して伝えるだけ・・・

 

褒めるっというとハードルが高い、口に出していうのは

なれていないから恥ずかしいという方は、まずは、自分の中で

今日出会う人のいいところ探しをしてみてください。

 

すると同じ人でも全然違う見方になったり・・・

そうしていると自然と言葉に出して直接言えるようになったり・・・

 

相手も嬉しいし、自分も嬉しい

*幸せの循環です

 

宇宙は「出す」が先だから、アウトプットが大事。

 

ということで、試してみたい人は今日いいところ探しを

楽しんでみてください

*身近な人だけでなく、電車の中やいろんな場面で出会う人

 

そして口に出せる人は口に出してみて・・・

*これって夫婦関係、親子関係も口に出して伝えることで

わかりあえて絆が深くなる。

 

素直に口に出していえる(褒める)ようになるとなぜかいろんな

ことが好循環になります。

 

では今日も心地よき一日をお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡感謝