中心(真)

すい皆さん、おはようございます。

 

昨夜は今年はじめての台風が通過しました。

 

最小限で風の影響だけで良かったですね。

 

今日は台風一家にはならないようですが、

湿度、気温とも高いようです。

 

 

 

こういう時は、膝の裏の奥や腿の裏を意識して

流してあげてみてください。

*上半身の力を完全に抜き、片足ずつ曲げ、片方の膝裏の奥、

腿の裏を流す(坐骨から下へ)

 

それと大股歩きで腿の裏を使う。

*この時は、足の横の付け根から動かす)

 

とにかく流れやすい状態をつくってあげると随分、楽になります。

その時は心地よい呼吸をするのは忘れずに・・・

 

 

今日の写真は紫陽花の花、満開の写真。

 

紫陽花も見納めですね、そろそろ。

だいぶ色が変わってきています。

 

紫陽花ですが、私達が紫陽花が満開と思っていたのはがく。

この写真の中心の小花が紫陽花の花。

 

なのでこの紫陽花は今、満開状態。

 

よ〜くみると、可愛い花が愛らしく咲いていました。

 

皆さんも紫陽花のがくではなく、中心に花が咲いているか

みてみてください。

 

なんだか嬉しい気持ちになりますよ♡

 

花にも中心があり、私達にの身体にも心にも中心があります。

地球にも中心があります。

 

中心がないと成立しないのがこの宇宙。

 

私達のエネルギーも常に中心に向かって凝縮したり(収縮)

中心から外に向かって開放されたり(拡散)の繰り返し。

 

常に収縮と拡散を繰り返しながら生命体は進化、成長が促されていきます。

 

細胞もひとつひとつのこの働きによって私達の内部の電気信号の

伝達がスムーズになり、それにより振動数があがり、

振動数があがることが、周波数の高まりにもつながってきます。

 

まず、身体の振動数があがる=細胞の動きが活発

細胞の動きが活発=ミトコンドリアの働きが活性化している

 

ミトコンドリアは、酸素が大好物。

酸素が十分に満たされていると、細胞自体が正常に働くことができる。

 

酸素が大好物だといっても、激しい運動や筋肉をたくさん動かす運動では

同じ酸素でも活性酸素が発生し、細胞の働きを阻害してしまいます。

 

なので、ウォーキング、ジョギングなども少し息が上がるくらいのゆっくり

ペースがいい。

 

動きももどかしいかもしれませんが、太極拳、気功のように

ゆっくり動かす方が細胞が酸素を受け取りやすく、ミトコンドリア

の活性につながる。

 

でも、イラチな人はゆっくり動かす方がイライラする。

早く動きたくて仕方ないのがわかる(笑)

 

なのでエンボディをはじめてする人は、次、次に早く動きたいから、

心がイライラ満載で、じっくりと内部(自分)を感じてあげることが

難しい人が多い。

 

現代人は特に、次、次にと頭を動かす癖がついているし、じっくりと

いのちを感じてあげること、待つことがなかなか難しい。

*良い悪いではない。

 

でも自然界のリズムに合わせるのは、ゆっくり動かしたほうが一致する。

*そうすると宇宙の早いリズムとは一致する

 

なので面白いのが、表面上はゆっくり動かしているのですが、

逆に細胞は活発に働き、振動数は高くなっているのです。

 

なので「中からじわ〜っと温かくなったり」「汗がじわ〜と滲み出す」

真からの緩みにより、細胞が働きやすくなるということ。

 

なので終わった後に、頭が働かない状態になる。

 

内部に深く入ると余計な思考が入る余地がなくなる。

この時にものすごく眠っていた細胞(動きが鈍い)が

活発に働ける状態になる。

 

なのでエンボディは、その時、その時で必要な調律が勝手におこるので

心が解放が大きい日

身体の解放が大きい日

人によっては内在したものが出てきてザワザワする日

大切なことに気づく日

心身ともに完全に開放される日

などが、それぞれで起こってくるのです。

 

ゆったりと心地よく動いていくと、ミトコンドリアが活発に働き、

細胞も元気になり、新陳代謝が活発になる。

 

身体の新陳代謝が活発になることで、実は心の新陳代謝も活発になる。

*これは逆も起こる。

 

心の新陳代謝が活発になってくると押し込んでいた感情も

拡散されやすくなる。

 

拡散されてくると収縮する力が強まり、中心に向かう力が強くなる。

 

なので、エンボディをしていくといろんなことへの氣づきが

深まってくる。

 

解放(拡散)と収縮の繰り返しによりだんだんと

自分の中心、中真、柱神に向かうようになるからでもあります。

 

中心(真)の感覚は、人間だけが見失うのです。

なので、何かきっかけがないとこの中心(真)には気づくことなく

一生を終える人も多い。

 

中心(真)の感覚が蘇えれば、蘇るほど私達は調和が取れてくる。

 

そして中心に流れている流れ(愛)と一致して生きていくことが

できる時間が増えていく。

 

なのでしつこく「中を感じて、中から動かして・・・」と

お伝えさせて頂いているのはそのためでもあります。

 

今日も大股で歩く時もただ、歩くのではなく中の動きを感じながら

中から動かしてみてください。

 

では、今日も素晴らしい一日のスタート。

 

ゆっくり息を吐きながら、心地よい自分とつながって一日を

楽しんでくださいね(*˘︶˘*).。.:*♡感謝