こころのゆとり

皆さん、おはようございます。

 

このシーサー可愛いでしょう♡

カフェの玄関に飾ってありました。

 

土色のシンプルシーサーはよくみかけますが、最近、沖縄に行っていないのでわかりませんが、カラフルシーサも登場しているのですね。

 

 色合いと表情が何ともいえなくて・・・

 

思わずこちらもニコリ。

 

これをみるだけで幸せな気分になります。

私も欲しい。

 

シーサーは元々「村を守る」「家を守る」守り神的な存在。

 

それと城などの前に置かれ権威などを顕す象徴的に置かれたり、

狛犬的に置かれたりしているようです。

 

沖縄の家の玄関には、だいたい飾ってありますよね。

 

諸説在るようですが、元々は獅子からシーサーになったとか・・

 

この阿吽の口は、口を開いているオスは沖縄の悪霊を追い払ったり

噛み付いたりする(大切なものを守る為に戦う)

*このシーサーは全然、戦いそうにみえませんが(笑)

 

メスは幸福を呼び込み、今、在る幸せを逃さないように守るという

元々の男女の在り方そのものを表現されていたのですね。

 

でも今は時代も変わり、男女とも中性的になり、男女逆転

だったりしています。

 

とってもいい面もありますが、元々女性は「戦う」というのが

基本性質ではないので「イライラ女子」が多い気もします。

 

もったいないなぁ〜って・・・

 

女性のイライラは周りへの影響大です。

 

そして、子供、旦那様にとっても影響力が強いだけに

女性は家族の幸せ度を決める大切な存在でもあります。

 

女性が元々の「愛」や「包み込む優しさ」「見守るゆとり」

「育む気持ち」が発揮されると自分も幸せ、周りも幸せ♡

 

幸せの好循環を生む大切な存在。

 

 「幸せっ」て何って聞かれたら・・・

ひとつは「こころにゆとり」があることかなと答えるかな。

ありきたりですが。

 

ゆとりがあると、物事を「真」で捉えやすくなり

今に生きることができる。

 

なので、心身のバランスも取れやすい、調和的な方向へも

ベクトルが向かいやすい。

 

この世は陰陽。

どちらの働きも大切で、同時に存在しています。

 

「中庸」とか「バランス」とか口で言うのは簡単ですが

「やじろべえ」を思い出していただくとわかりますが

ちょっとしたことで傾き、傾くと一瞬でバランスを

崩してしまいます。

 

こころの「ゆとり」がない時はやじろべえは傾きっぱなしで

今、ここに生きれなくて過去、未来に心は行ったり、きたり・・

 

なかなか復活できなかったり・・・

  

でも人生ってこの「やじろべえ」を楽しんでいるんだろうなと

思うのです。

 

 

どうバランスを取れば幸せな気持ちになれるかなって・・・

 

「あ〜でもない、こ〜でもない」って

 

それを楽しんでいると思えばちょっと気楽になれるかな

と思います。

 

そのうちに「あ〜でもない、こ〜でもない」と悩む時間は

圧倒的に短くなりますけどね(笑)

 

エンボディで「心のゆとり」を思い出す。

日常でも「ゆとり時間」増えているのなら幸いです。

 

ということで今日はお休みの方も多いと思います。

お天気もしっとりな感じ。

 

ゆったりと「ゆとり時間」楽しんでくださいね

 

今日も素敵な一日をお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡感謝