身体も心もスッキリ〜

皆さん、おはようございます。

 

雨がシトシト降り続く中、今朝は太陽が

覗いています。

 

光が届くことで、人は心の平安と温かさを

自然と取り戻せる(思い出す)

 

そしていのちそのものを愛おしく思える。

 

それは先日の話の闇があるから、

光の有り難さがわかり、

光があるから闇の有り難さがわかる。

 

闇の意味は・・・

暗い、光が少ない、知恵が足りない。

思慮、分別が足りない。

などど示されています。

 

 

闇とは、光が無いとか、少ないという意味合いだけでなく、

この世でいのちを活かし、生きやすくなる術(知恵)を知らない

ということでもあります。

 

知恵が足りないとは、自分を活かす智慧を知らないということ

でもありますい、元々はどれだけの凄い力が詰め込まれていることを

知らないということかと思います・・・

*あくまでも私の見解です

 

 

先日はある方のご紹介で、チベット仏教の教えを世界中に広く伝えて

いらっしゃるリンポチェという方の会に参加させて頂くことができました。

 

この方は、自分の足が切断か壊死かという極限の中で自らの治る力を

信じ、ひたすら瞑想と修行を続けた結果、切断も壊死もすることなく

今では中肉中背のしっかりした身体を保たれています。

 

ダライ・ラマ法王からもこの修行体験を皆に広めなさい。

 

そして、世界中に癒やすことを伝えていきなさいと言われたそうです。

*自分で自分で癒す術

 

先日も「間」の大切さを伝えていらっしゃいました。

瞑想と瞑想の間。

 

その間に見えない力が働くようなニュアンスのことを

言われていました。

 

エンボディがお伝えし続けてきたことは、チベット仏教

の教えとも相通ずるものがあり、マニュアルで考えて創り出された

ものではないので、面白いなと思っています。

*もちろん、今までベースとして学んだことにプラスされて

きています。

 

とにかく自分の曇が祓われていけば、慈悲の心が自然と芽生えるんだ

ということも、お互いやすべてへの慈しみの心も自然と芽生えてくると

いうことをしきりに言われていました。

 

これも同じ〜

手前味噌連続でごめんなさい(笑)

 

自分で自画自賛が大事かと・・

(誰にも迷惑かからないし、一番の力になります)

 

時に「それでいいんだよ」

「そのまま進みなさい」

 

というような答え合わせのような、後押しのような

ことがよくあります。

 

それこそ、そんな意図ありで参加していないので

有り難いなぁ〜ってつくづく思います。

 

先日の瞑想は、慈悲の瞑想で内側から立ち顕れて

きたのは、慈悲というよりも自分の中の穏やかさでした。

 

やはり、自分が穏やかさを失わずに生きていくということが

私自身のキーワード。

 

イライラしてもオッケイ。

でもすぐに気がついて、立ち戻れる。

 

イライラ時間を長引かせない。

 

それに呼吸をつかったり、足裏を意識して立ってみたり

天地の感覚を思い出したり・・・

私の場合は更に源意識に戻ります。

 

レッスンでも繰り返し、呼吸や間の感覚を再生させて頂いて

いますので日常の中で智慧として活きてきているといいなぁ〜

と思いますが・・

 

繰り返しが多ければ多いほど、頭ではなく感覚として思い出されて

きます。

 

何となくスッキリしない天気なので、モヤモヤが溜まっている人は

「はぁ〜っ」と思いっきり息を吐き出してみるとスッキリしてきます

*力まずやってくださいね

 

中途半端で辞めないでスッキリするまでやってくださいね。

 

あとは身体全体をタッピングや祓うのもいいです。

なでてあげるのもいいです。

 

とにかく皆、身体も心もスッキリしたいんですものね。

 

そうしていくとなんだか軽やかになるしね。

 

ということで今日もできることをしてあげましょうね。

今日も素敵な一日をお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡感謝