運=運ぶ

皆さん、おはようございます。

 

昨日は久しぶりに太陽が顔を出して

くれました。

 

植物も木々も花も嬉しそう。

もちろん、人間も・・・

 

昨日の朝、物凄い分厚い雲の間から

柔らかい陽射しが・・。

 

 

この写真は太陽が顔を出した瞬間です。

 

柔らかく周りを照らしながら出てきたので「久しぶり〜」

って思わず声をかけたらどんどん光が強くなり、

また元の感じに戻りました。

 

太陽は私達そのものなので、声をかけると応えてくれます。

 

太陽信仰の国は世界を見渡せばたくさんあります。

日本もその一つ。

 

なのですが諸外国とちょっとだけ違いを感じています。

 

それは、太陽を神として拝め奉るだけではなくて、

太陽の光と共に生きているという感覚。

 

「共」ということが日本人の根底にある氣がしています

*昔の人はですが・・・

 

拝め奉るということだけではどうしても分離がおきます。

 

自分以外のものが自分を救ってくれるという感じ。

*大いなる力に生かされていることには間違いないですが

それは人間だけを生かす力ではないので・・・

 

なので、神社に行った時でも神に願いを聞いてもらったり

お願い事をする、すがるのではなくて、自分が自分の神である

ということを再確認する場であり、そのことに一致させる場です。

 

太陽も神。

私達も神。

*神の一部

 

以前もお伝えさせて頂いていますが、神社に行った時の鏡は

「我(われ)を観る」ため。

 

自分に立ち戻るため。

 

自分が自分の神であることを思い出すため。

 

なので、鏡をみることで日頃、自分に対してつい思って

しまっている想念を祓い。

つい周りの人にしてしまっている想念を祓い。

 

祓うことで生きていることへの感謝、自分でいれることの

感謝に変わる。

 

祓われることで、本来の自分の良心(真)と一致する。

 

これは神社に行かなくても家の鏡でもできます。

 

一日一回鏡に映った顔をちゃんと観る。

そして自分に立ち戻る。

 

そして、神社に行ったら運が良くなるということで言われていますが

実は自分としっかりつながることで運は開かれるのです。

なのであえて行かなくてもいいし、ご縁があれば行ったらいい。

 

運を良くしたいから行く=私は運が無いからきましたになり、

どうか運氣をあげてくださいになります。

願い、おすがりになります。

 

そして、運って運氣とも言いますね。

つまり「氣」です。

 

自分のエネルギー(氣)が整い、高まると自然と必要な

運はついてきます。

 

運が開かれるということに関しては、人それぞれ違うと思いますが・・・

私は運が開かれるって「今ある幸せに気づき、すでに幸せだった」

と気がつくこと。

 

目が醒めることと同じだと思っています。

 

「運」って運ぶです。

 

誰が幸せを運んでくるのでしょう。

自分ですよね。

 

自分の存在を自分で認めることができればできるほど

幸せな気持ちが増えます。

 

幸せな気持ちで過ごす時間が増えればふえるほど

ラッキーは増えてきます

*皆さんも経験済みですよね♡

 

自己受容が最も大切なのは理由は本当はラッキーが増えること

でもなくて、幸せ波動の人が増えれば増えるほどすべてが

幸せ波動に変わっていくからです。

 

それが家族、会社はじめ社会、日本、世界。

地球、宇宙までも影響する。

 

いろんな波動の共鳴により今の現実があります。

 

幸せな世の中になればいいなと願うのであれば

自分が幸せな気持ちに一致して日々を過ごすちょっと

した積み重ねを継続すること。

 

そうしていくとやがて意識しなくても幸せな気持ちの方に

自然とシフトしている自分に気がついてきます。

 

その時、自分と一致しています。

*自分を受け入れています。

 

一日一回でもいいので自分に触れてあげたり

ゆっくりと自分を感じる時間を取ってあげてみてください。

*朝、起きた時、夜眠る時は特に有効

 

自己受容感が高まり、幸せ時間が増えてきますよ♡

 

梅雨明けまでもう少し、今、自分にしてあげられることを

してあげましょう。

 

この時期は特に食べるものに氣をつけてみてください。

腸が喜ぶものをたべたりも大事。

ですが、もっとも大切なのは「よく噛んで食べる」

 

それだけでも自分とのつながりを深く感じれます。

 

では今日も心地よい一日をお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡感謝