黄色いたべもの

皆さん、おはようございます。

 

先日は久しぶりに太陽の光を浴びることができました。

天気が回復し、湘南の海も密々でした。

 

皆さんはどんな1日を過ごされましたか?

 

さて今日は、梅雨の時期に弱まる脾(胃)の働きについて・・・

脾臓は、胃の裏辺りにある臓器。

胃の働きと裏表で働きます。

 

ストレスが過多になり、うまく発散できないと脾にも影響が及び

消化吸収がうまくいかなくなります。

 

それにより、胃がもたれたり、胸焼けしたり、食欲不振、または過食(胃に熱を持つと)などで胃が下がり、横隔膜も働きにくくなり、呼吸が浅くなります。

*同時に脾の働きは、内臓を正しい位置に収める(持ち上げるまたは維持)作用もあります。

 

そのため、身体は怠く、やる気はでないなども・・・

*脾(胃)の働きが弱い人は特に感じやすいです

 

脾に負担がかかる時期は、特に今の梅雨時期と土用の期間。

 

元々思い悩む癖や考えすぎの癖がある人も、胃脾と負担がかかりやすく

心身ともに調子を崩しやすい時期でもあります。

あと、甘いものが好きな人も要注意。

 

脾は「甘」と対応しますが、この甘とは野菜本来の甘味などのことを

さします。

上の写真のような黄色い野菜達の甘みがよい。

 

今はトウモロコシもたくさん出回ってます。

スープにしたり、そんまま食べたり、意外ととうもろこしのかき揚げが美味しです。

 

そして坐る時間が長い人も脾(胃)が弱りやすい傾向があります。

それは鼠径部が圧迫され続けるからです。

 

なので立ったり、座ったりをなるべくしたり、鼠径部に手を当てて緩めたり

さすったり、骨盤を回したり(鼠径部を広げるように)していくとむくみ、怠さも

かなり楽になってきます。

 

元々エンボディ(embody)は、以下の3つの調律でいのちが笑顔していくご提案

 

そして、この時期は・・・

eat(食)→黄色い食べ物(冬瓜は白ですが今むくみに最適)

maind(心)→考えてもしかたないことは考えすぎない、長い時間思い悩まない・・

boday(身体、體)→座りっぱなしはさける(立ったり、座ったり)鼠径部を緩める

          腿の内側のポイントをおす(三陰交、陰陵泉、血海など)

          鼠径部を開きながら骨盤を回す

 

さぁ、あと1週間位で梅雨は明けてくれそう。

できることを工夫して乗り切りましょう(*˘︶˘*).。.:*♡

 

今日も素敵な1日をお過ごし下さい♡