観・音

皆さん、おはようございます❤

 

雨・雨・雨。

 

雨っていう漢字

天からしずくが滴り落ちる象形。

 

先日はこちらは有り難く昼間はくもり。

 

夜に降った雨が睡蓮に・・・

しずくが綺麗でした。

 

朝一から大好きな天授庵へ

https://garden-guide.jp/spot.php?i=tenjyuan

*名前もいいですよね(⌒▽⌒)

 

なんとまだ、睡蓮の花が残っていました。

 

この庵はとってもこじんまりとしていて、このこじんまりかんが好き。

 

先日もひとり怪しく、縁側に座っていました。

昨日は、裏山が工事中で音が鳴り響いていましたが、通常は人も少なくものすごく静かです。

 

京都にいくことがあればおすすめです。

南禅寺の横です

 

今日も今から、観音さま巡り。

 

毎朝、観音経のお経をあげています。

観音気功というのもはじめて1年になります。

 

観音様=観る

音を観ると書きますが、音とは自らの振動(周波数)

*私の見解ですが・・・(・∀・)

 

細胞自体の振動が波となり、波動となり、見えない音となり広がっていく。

声は、観えない音を、みえる音として表現されている。

 

声を聞くとだいたいどんな質(性質)があるかは皆さんも検討付きますよね。

 

声はその人の振動(その人そのものであり、身心の状態が顕れたもの)

 

「声を観る」とそのひとなりが読み取れる。

 

楽器もチューニングされているといい音が奏でられ、人の心にも影響するように

私達もチューニング(身心魂)されている時は、出す声も違います

もちろん音(振動)波動も違います。

 

歌を歌う方は、自分のコンディションによって出す音(声)が違うことは

おわかりですね。

 

歌は、いいです。

今日は何を口ずさみましょうか・・・

 

今日も素敵な一日になりますように(*˘︶˘*).。.:*♡