楊貴妃観音

皆さん、おはようございます。

 

全国的に今日も雨模様。

 

先日は引き続き観音様巡りをしました。

 

その中でも初めてってみた観音様。

 

楊貴妃観音。

実際は、奥に鎮座されているのであまり綺麗には見えませんが、写真が売っていたので買ってみました。

 

とても豪華な飾り付けで、色合いも綺麗ですね。

 

超レアな観音様。

観音好きの私もはじめてお目にかかりました。

美しい〜❤

 

観音様といえば、解脱前なので装飾品や衣服、何らかの持ち物(アイテム)を持っています。

*仏でも大日如来は解脱後のお姿なので、薄い衣一枚を身にまとっているだけ・・

 

観音様は水の化身とも言われ、決まった形を持たない。

 

困った人の状況に応じ、場面場面で姿形を自在に変えて必要なことを必要な物を

使いお助けくださると言い伝えられています。

*あくまでも仮想の(創造)の世界ですが・・・

 

観音=音を観る

音はこの世のすべてを顕し

目にみえるもの、みえないものを耳に聞こえるもの、聞こえないものを自在に

見分け、聞き分け手を差し伸べる

 

<観音様が物事(出来事)観る時の五観>

1,真観 真実の心で観る、真理を愛する心

2,清浄観 私利私欲のない清らかな心でみる、利他を重んずる心

3,広大智慧観 あらゆるものを大きな視点から差別なくみる心

4,悲観 優しい気持ちを持って他者と苦しみを分かち合える心

5,慈観 厳しい愛を持って他者と共に喜び合う心

 

根底にあるのは慈愛の心。

 

お母さんそのもの姿ともかぶります。

 

ご飯をつくったり、掃除したり、頭を撫でてくれたり、叱ってくれたり、

共に喜びをわかっ合ってくれたり、苦しみをわかっ合ってくれてたり、

仕事の顔もあり、母の役をしたり、妻の役をしたり・・・

33の仕事(顔)を持ち、その場その場で必要な対応をしてくれる。

 

女性の在り方そのもの

*観音様は男であるという説もありますが・・・

 

昨日は私の勝手見解で書かせていただきましたが、もうひとつ観音という字から

「観」  主観 自分自身の心

「音」  客観 周囲や周りのこと(大きな視点)

 

いつも主観(わたし)と客観(大きな視点)で物事を観て、対応していけるようになると

皆さんも観音の御心と同じエネルギーで生きていることになります。

 

皆さんが大きな視点を持って、心地よく生きる時間が増えれば増えるほど

世の皆を助けていることになるということでもあります。

 

素敵ですね。

 

今日は4連休の最終日。

大きな空から全体(この世)を眺めるような(包みこむ)おおらかな気持ちで過ごしてみるのも

いいかもしれません(*˘︶˘*).。.:*♡