動いてやすむ

皆さん、おはようございます。

 

夏のひとときをいかがお過ごしでしょうか?

 

自宅でのお仕事が増え、移動したり、通勤のストレスはありませんが、逆に人との触れ合いはかなり減っていますね。

*出かけると必ず、いろんな人との触れ合いがあります

 

先日のブログで出会いは「出愛」と書かせていただきましたが、私達は人と関わりを持つことで、何らかの刺激を受け(直接ご縁はなくても)感情が動きます

 

 

動くのが大事。

 

「動き」(動く)=「動」

 

実際に「動く」=行動  出かける、書く、描く、読書、歌うなどなど

*お掃除、食事を創るも動く

 

動くことで得られることは「感動」「感謝」「感涙」「感激」・・・

五感「フル活動スイッチ」が入ります。

*これも大事(⌒▽⌒)

 

これは素晴らしいことで、痴呆や鬱になると「感じる」ことができない

心も動かない。

なので無表情になります。

 

身体もどんどん固くなります。

 

固くなるから呼吸も浅くなります。

益々、血流が悪くなり生きているのに生きている感覚がない。

これではもったいない氣が・・・

 

どんなアプローチからでもいい。

 

手を動かす(料理、掃除、書く、描く・・・)

足を動かす(歩く、泳ぐ、出かける、大地にあしをつける・・・)

口を動かす(はなす、歌う、食べる・・・)

腰を動かす(踊る)

 

なんでもいいのです。

とにかくじっとしているにはもったいない季節。

 

なぜなら、夏は、動の季節。

 

1年のうちで、体も心も最も元気になる時。

 

氣を元の状態に戻しやすい時期でもあります。

*暑くなり関節も動かしやすくなり体も緩み、代謝も上がりやすい。

心も開放的になりやすい。

 

皆さんも子供時代の夏休みのように、動いて、お昼寝をして、遊んで、笑う。

*すると夜はぐっすり眠れます。

 そのことで免疫が寝ている間にあがります(楽ちん)

 

 

夏休みが取れる人は、時間に縛られることなくやってみて下さい。

夏の間にどんどん元気になっちゃいましょう(*˘︶˘*).。.:*♡

 

そのときには、必ず「水」*夏は白湯の活用は有効です(朝・夕)

「良質の塩」「鉄分」「酸」などの摂取忘れずに・・・

 

最後に、今日の写真は先日行った古民家カフェ。

 

歩いて、まったり時間を過ごしました。

*お手製ジンジャエール&豆乳タルト

 

このカフェ完全昭和。

昔のまんま、庭には鶏、うずら、亀、ひよこが野放しに・・・

 

子供の遊んでいて、座っているところまで土埃が舞う(笑)

 

なんだか昭和の原風景でした。

タイムスリップ。

 

最近は古民家風で綺麗にしている所が多いですが、そのまんまは珍しい。

オーナさん夫妻もゆるくてほっこり。

 

皆さんも自分なりの「動と静」を愉しんでください

*動いて休む

 

では今日も素敵な夏の1日をお過ごし下さい(*˘︶˘*).。.:*♡