一華開五葉

皆さん、おはようございます。

 

我が家のハイビスカス。

 

玄関を開けると1輪、また1輪と

咲いていきます。

 

ハイビスカスは1日花と言われ、1日と言う限られた時間しか生きることができない。

 

次の日になると見事に閉じている。

 

この儚さをみるたびに、いのちは長い、短いではなく、綺麗に咲いたかということよりも、咲かせていこう(活かしていこう)という気持ちで日々過ごしたか・・・

 

ただ、それだけでいい。

 

どう咲いたかは結果。

 

この花をみた瞬間に、ある禅語が頭に浮かんだ。

 

「一華開五葉」(一華五葉)

この言葉は、達磨大師が亡くなる前に口伝として伝えられたもの。

 

直訳だと、「ひとつの花が五枚の花びら咲かせた」*ハイビスカスも5枚

 

人間が生まれながらに持っている仏性(ほとけのこころ、いのち、純粋さ)は

5つの智慧によって開かれていく(こころの花が・・・)

 

1,自分をありのままに観る(観れる)智慧

  *生まれながらのありのままのこころ

 

2,相手の心をありのままに受け入れる智慧

 *それぞれに個性があり、違いがあることを知る

 

3,観察力をもって本質を見極める智慧

 *すべてが平等である

 

4,人を想い、人のために行動できる智慧

 *他を思いやるこころ

  例えば、トイレでも次の人が心地よく使えるように配慮する心持ち

  履物を揃えるとか・・

 

5,すべてはお陰様と思える智慧

 *当たり前は当たり前でないことを感ずるこころ

 

解釈はいろいろあるようですが、自分なりの五葉をつくっても

いいかもしれませんね。

 

禅は常に結果よりも日々日常における心持ちを重要視している

 

*昨今流行りのマインドフルネスは結果を求めている

(なのでビジネスの世界で受け入れられた)

 実は、禅と似て非なるなのです

 

結果よりも、日々のこころもち。

 

これなら誰でもできそう。

 

日常生活ほど奥が深いものはない。

 

では、今日も素晴らしい日常をお過ごしくださいね(*˘︶˘*).。.:*♡