思いやりの種

皆さん、おはようございます。

 

今日も快晴。

 

暑い1日が始まります。

 

私は今、禅をさらに深める学びをしております

*ティックナットハンの流れも深く学ばれている禅(曹洞宗)のお坊さんです

 

 

学べば、学ぶほど奥が深く、そして広い。

 

何が広いかというと宇宙観ともつながるので際限がない。

*禅宗すべてがそうではない

 

昨日のテーマは「思いやり」

思いやりの種はどこから来るか?(何か)

 

禅問答的で質問がちょっと難解・・・というか抽象的。

 

でも私は抽象的に慣れているので全然大丈夫ですが、受講生の中には

質問の意味を問うので時間を要していらっしゃる方も多いです(笑)

*ちゃんと答えたい、ちゃんと質問の意味を頭で理解したい

という真面目な方が多い

 

禅は抽象的な世界観であるけれども真意(真理)をついているので好き。

 

結局の昨日のまとめというか、全体像としては、思いやりの種は・・・

やはり・・・

「内なる心の満たされ感」

「肯定感」

「自己受容感」

こころのゆとりという流れになっていきました。

 

そして、エンボディでも伝えていますが、その状態であることが

より良き流れ、より良きご縁となり、その縁起がこの宇宙に拡散することで

皆が幸せになっていく(幸せだと思える心を取り戻す)ということ。

*自分だけで満足する世界ではない

 

禅の言葉では、「廻転」という言葉を使われていました。

 

日々の「戎」(日常での心のあり方、過ごし方)が、

自分を満たし、整え、自己受容、自己肯定、自己信頼へとつながり、

その心が天へとあがり、縁起となって皆に降り注いでくる。

 

その心も持ちで日々を過ごすことが大切だと・・・

 

なんかまた、いつもお伝えしているような内容に結果なりましたが、

ティク・ナット・ハンもそのことをとても重要視されているようです。

 

私が3ヶ月ハワイ島のリトーリートにお世話になっていた時の女性も

世界的有名な版画家であり、ティク・ナット・ハンと共に「動くブッタ」として

共に活動されている方でした。

 

本当に大切なこと。

 

それは・・・

「今、いる場」

「今、ある身体」

「今、身近にいる人々」

「今、身近にあるものたち」・・・

 

それらは思いやりのこころを育てたり、深めたり、とってもとっても

有り難いものばかり・・・大切にしましょうね♡

 

では今日も心地よい一日を創造しながら楽しみましょう(*˘︶˘*).。.:*♡