重陽の句

皆さん、おはようございます。

 

今朝の空は秋空です。

 

金色に染まった雲。

今朝は富士山もうっすら見えていました。

 

 

大氣がかなり澄んできたのですね。

 

今日は9月の9日。

「9」「9」が重なり、昔は5節句のひとつだったそうです。

 

5節句とは・・・

1月7日 人日の節句 七草粥

3月3日 桃の節句 

5月5日 端午の節句

7月7日 七夕

9月9日 重陽の節句

 

陰陽の考え方が昔の方が色濃く(浸透)、陰陽に基づいて行事や決め事など

を重要視していたようです。

(陰陽師が活躍していましたから・・・)

 

昔は奇数は運がいい数字とされ、その中でも最大の数字が「9」

この日は「陽」が重なる日=「重陽の節句」として不老長寿や繁栄を願い

この時期に旬を迎える栗などを食し、菊の花を飲んだり、食したりで厄払いもしていたようです。

 

菊は元々薬草で(延命長寿)、飲用(乾燥してお茶)、食用、匂いによる効用(鎮静)などで活用されていたようです。

 

そういえば、秋になると菊まつりが行われていましたね。

*菊人形展とか・・・子供の頃は怖かったですが・・・(笑)

 

菊の花には解毒作用もあり、菊花茶、菊花酒として飲まれていたようです。

目にいいハーブとして菊花茶は有名ですが苦い(笑)

昔、飲んでいましたが続かなかったですね。

 

菊には、人の細胞内解毒物質のひとつグリタチオン量を増やし

「細胞内の抗酸化作用」

「毒物、薬物など有害なものを体外に排出」する効果が高いようです。

 

「良薬口に苦し」ですね。

 

今日は菊を食したり、お茶は難しくても「栗」を料理に使ってみると

夏の疲れも取れるかもしれません。

 

すみやかに身心の疲れをとるのにいいのは「炭水化物」の糖質です。

 

ご飯、お芋、栗とか・・

 

栗には、疲労を取り除くビタミンB1、カリウムが豊富(不要なナトリウムをすみやかに排出)ビタミンCも豊富。

 

小さいのにカロリーも高く、速やかに吸収されやすく、疲労回復にはもってこい。

 

ぜひ、今日食べれる人は今日(甘栗むいちゃいましたでもいいですよ(笑))

食べてみるとよいかもしれません。

 

気は心。

これを食べて疲労回復するぞって食べるとそう作用します。

 

本当、単純なのです♡

 

では今日も素敵な一日をお過ごしくださいませ(*˘︶˘*).。.:*♡