笑い=祓い

皆さんおはようございます(⌒▽⌒)

 

今日は沖縄の守り神シーサー。

 

元々は獅子。

 

中国から伝わってきたそうです。

 

沖縄の方言により獅子は「シーサー」と呼ばるようになったそうです。

 

主に家の守り神であり、魔除け。

 

元々は沖縄の南部に火事が相次ぎ町民が困り果てて

いた所、風水師に言われ獅子の像をつくり元凶の方角に

置いた所火事が収まったことから、沖縄では守り神として

門や屋根に置かれるようになったとか・・・

 

最近では愛らしいシーサーも増え、色もカラフル

形も自由自在。

私は今回、この笑いシーサーを購入しました。

 

なんだかみているだけで笑顔になってしまう

 

「なんくるないさー」

 

オスが口を開け

沖縄の悪霊であるマムジンを追い払ったり、噛み付く為に口を開けているとか・・・

 

そして雌が口を結ぶ(閉じる)

今、ある幸せを逃さぬように

そして幸福を呼び込むための口を閉じているとか・・

*シーサーについても諸説あるようです

 

置き方も右にオス

左にメスらしいです

*鬼門の方角にオスを置く

 

男女(陰と陽)が合わさってひとつとなっています

 

男性が外を守り

女性が内を守る

*エネルギー的に逆でもオッケイですが・・・

 

どちらも外、外ではやはり調和につながりにくい

*いろんな夫婦をみていてもそう感じます

 

逆もそう。

 

最近は中性的な男子

中性的な女子も増えてきました

 

これも時代の流れで陰陽(男女)はあるけれども

エネルギー的には陰も陽も合わせ持っている

 

陰陽分ける2元の世界だけではなく、一元性にむかって

(調和)に向かっているひとつの顕れかなとも思います

*個人的には昭和世代なので男性もう少ししっかり

してよって思いますけど(笑)

 

今の現状がいいか悪いかはわかりませんが

根本的には陰のエネルギー(女性)によって、

陽のエネルギー(男性)は活かされる

 

女性本来の包容力、母のような温かさがあってこそ

(家が安心の場、安住の場、癒やしの場)

男性は活かされていくように思いますが・・・

 

これからどのようになっていくのでしょうか・・

 

それも含め楽しみですね。

 

なんせ理屈抜きに女性が笑っていると家庭は明るい

平安であり、平和。

 

笑いは祓い。

 

小学生からの私の座右の銘

「笑う門には福来たる」

 

誰でも知っているこの格言はどんな時代でも共通する

と思います

 

では今日も素晴らしい一日にしていきましょう

(*˘︶˘*).。.:*(*˘︶˘*).。.:*♡