33の骨

皆さんおはようございます(⌒▽⌒)

 

今年も後2日。

 

しかも今日は今年最後の満月(昼満月 12:28)

 

先日は今年最後のエンボディレッスン。

 

年末の押し迫った時、日程の変更を直前にさせて頂き、逆に参加出来た人、できなかった人が・・(≧∇≦)

 

自分では自覚できない一年間の心身の緊張と滞り

奥深くに押し込んでしまった感情も一掃の祓い。

 

祓われた(大掃除)ことで、内から自然と出てくる笑顔

 

そして自己とつながり、すべての生命体(存在)との

つながりが取り戻され「素」の姿に・・

 

一人ひとりのいのちの喜びを感じました。

 

お風呂に入った後のような解放感、満たされ感

*お風呂直後は一番素に戻っている(瞬間)

 

ただありのまま(素)に戻った瞬間の笑顔

*私はいるけどいない(ひとつにつながった状態)

いないけどいる

 

でもまた日常に戻ると表面的な思考はいつでも癖、パターンを繰り広げようとしますが・・・(笑)

 

でもだんだん自分の癖、パターンに気がつくことが増えて

きますので・・・

 

そのことで振り回されたり、巻き込まれたりすること(時間)が断然減ってきます(それが大事)

*実感済みの方も多いと思います

 

先日のレッスンは特に33個の背骨を覚醒めさせることに意識を

向けた流れとなりました。

 

33の骨=33の神骨

*骨と骨の間、骨の際の流れが大事

 

背骨の周りには神経系の流れ、内分泌腺の流れ、チャクラの流れ、根源的なエネルギーにつながる流れが通っています

*エンボディは主に根源的なエネルギーへアプローチ

 

背骨に準ずるエネルギーラインが流れてくると、いのち本来の働きが作動しやすく、かつ、いのちの真実が見えやすくなってきます。

 

身体ってよくできていて「33」って仏教ではなぜか聖数として使われています。

 

観音様=33のお姿に变化して人々を救う(手助け)

京都の33間堂

33の霊場

 

そして太陽も33周期の動きだったりして、謎の数字。

 

そして「3」という数字はあらゆる創造の根源の数字と言われています。

 

「3」は3という数字の中に、3つの神という意味合いもあり

「魂」「精神」「肉体」の性質を表し、3つの本質が磨かれ、成長していくことが「今、ここ」にいのちを持たされ存在しているということでもあります

 

「肉体」と「精神」を自らで整え、磨くことを日々精進で

魂とのつながり(本質)を思い出し、更に魂が成長して

いく人生の流れと導かれていく(自ら導いていく)

 

魂の流れに従うと嬉しい、楽しい、心地よいという

喜びも増えますが・・

 

「えっ、なんで」とか「え〜」という理不尽なことや納得いかないと思うことも増えてきます(笑)

それが魂の成長ポイント

 

いいも悪いなくどちらも魂が成長するのに必要なことが

ただ起こっているだけということがわかってきます^_^

 

昔から聖者と呼ばれる人は元々開かれていたのではなく

忘れていた本質を思い出すのに「肉体」を必ず介して

いる*呼吸(瞑想)、背骨活性(チャクラ、根源エネルギーの活性など)で元々のいのちの働きを活用している

 

背骨がなぜ?身体の中心にあるのか

 

そして天地とつながるように33の骨がバラバラに構成

され柔軟に動くようになっているのか?

 

なぜ?そこに神経が通っているのか(神経=神の経路)

 

そういうふうに考えてみると本当に肉体はよく出来ている

自分の本質とつながるためのわかりやすいツールであることがわかりますね。

 

なので背骨が硬い(動きが制限されている)のは勿体ない

のです。

 

年末年始、意識的に背骨を動かしてあげることを続けて

いくとなにかに気がつくかもしれません(*^^*)

 

では今日も素晴らしい一日をお過ごしください

(*˘︶˘*).。.:*♡