どんと焼き(火)

皆さんおはようございます(⌒▽⌒)

 

今朝は風が強い。

 

南風が強く吹き、気温は春くらいになるようですよ。

 

さて、先日15日は小正月。

 

各地でどんど焼き(呼び名やり方が地方で違う)が行われた所も。

 

どんど焼きとは・・・

お正月に飾った門松、しめ縄などのお正月飾りや古神札を焼いて、元旦にお迎えした歳神様に天にお帰りいただく祭り。

 

神聖な火による浄化の力で人々の1年間の災いを払い、豊作や商売繁盛、家内安全、無病息災、子孫繁栄を願う行事

 

え〜せっかくお迎えしたのにもう帰っていただくの?

え〜歳神様って帰るんだ。

 

とはじめて知った人もいるかもしれませんが・・・

 

お正月にその歳の家の守り神さまを迎い入れ、皆で迎い入れた神とともにお節を食べ、お酒を頂くことで神の霊力(いのちの力)自分に取り込む。

 

家族で食べることで家族全員が無病息災で過ごせる。

 

また、11日には鏡開きにお餅を食べることで神の力(いのちの力)とひとつになるという意味合いも・・

 

力餅という言葉もあるように餅を食べると元氣になると

も言い伝えられていました

*昔はお正月しかお餅は食べられなかったからでしょう

 

鏡開きでは、ぜんざいや小豆粥にして食べる風習も・・

 

小豆の赤い色が魔除けになるとされ、無病息災と五穀豊穣を願ってのこと。

 

火は(炎)は、すべてを焼き尽くす。

 

心の燻り、煩悩を一掃。

 

宗教で護摩焚き(火)をするのはそのためでもあります

 

人は火をみると心が癒やされ、元氣になる。

*理屈を超え本能に働きかける

 

それは知らずしらずの内に煩悩が燃やされていくから。

そして火をみると一点集中しやすい=ボッーとなっていく

 

そのことで「頭が空っぽになりやすい」

 

プチ瞑想のような状態になります

 

最近の焚き火ブーム「火」を使い心身の緊張や疲れ、不安、心配などを一時的に解放するにはとても有効だということ。

 

蓄積しっぱなしがよろしくないので・・・

 

そう考えると昔は火を自分でおこし、窯でご飯や食事をつくり、お風呂も火の番を代わる代わるしながら炊いていた

 

日々日常の中で自然と解放されていたのですよ

*身体も動かしているしね(動きっぱなし)

 

昔の生活は素晴らしい

 

私も祖父母の家でその経験をしていたことは今では

本当に有り難かったんだとひしひし感じます

 

皆さんも今日の火の写真を眺め、少し呼吸をゆっくりしてみてください。

 

案外スッキリするかもしれません

*この火は天河神社での奉納の炎ですから

 

では今日も皆様にとって笑顔多き一日となりますように

\(^o^)/