チーちゃん

皆さんおはようございます(⌒▽⌒)

 

今朝、風は冷たいですが快晴。

 

どこまでも拡がるまっさらな空。

 

 

どこまでも深い青空。

 

2月6日にチーちゃん約18年の犬人生を無事大往生で

迎えることができました。

 

私も先週からちょうど1週間、ずっとつきっきりで一緒の時間を存分に過ごせました。

 

心臓が止まって奇跡的に生き還り、1週間というお別れの時間をつくってくれたチーちゃん。

 

ハッピーちゃんもそうでしが、どれだけ飼い主孝行の優しい子達か・・・

 

チーちゃんは特に私との絆が犬と人間を超えたものを感じていたので別れが胸が張り裂けそうでした。

 

心臓が止まる一週間前は、上の写真の公園を走り回っているくらいに元気だったのですが・・

 

大きな転換期のこのタイミングを選んだチーちゃん。

 

 

レッスンにもよく参加してくれました。

 

自由が丘の時は皆さんにたくさん撫でて頂き、可愛がって頂きありがとうございました♡

 

彼が私にずっとずっと教えてくれていたこと。

 

純粋さ、健気さ、愛

(無条件)

 

どの瞬間もそれを表現し続けてくれた100%純粋に

 

100%どの瞬間も「生」そのものを生きていた。

与えられたいのちをただただ・・・

 

それだけで幸せなんだということを教えてくれていた

 

最後、息がどんどんと変化し最期を迎える瞬間まで、この一息一息がチーちゃんを支えてくれていたんだって・・

 

「息」している(できている)

それだけで幸せであり、至福。

 

今はひとつひとつ感謝しながら片付けをしています。

 

チーちゃんを火葬してくださった方(ハッピーちゃんの時も素晴らしいお見送りをしてくださいました)が、チーちゃんは「のどぼとけ」の骨が綺麗に残りました。

 

今までたくさんお見送りをしてきましたが、こんなに綺麗に残っているワンちゃんは珍しいのだそうです。

 

この方いわく、のどぼとけが綺麗に残っているワンちゃんは一気に極楽浄土へといけるそうなのです。

 

私も最後の最後まで愛しきった。

そして愛されまくった。

 

純粋な時をたくさんたくさんありがとう♡

 

皆様もご心配頂きありがとうございました

 

では今日も素晴らしき一日をお過ごしください

(*˘︶˘*).。.:*♡