節目活用

皆さんおはようございます(⌒▽⌒)

 

お雛ケーキ。

 

「お前はいくつなんだ」と主人に突っ込まれながらだって「女はおんな」だもんって・・・

 

笑って祓い(^o^)

 

私が美味しそうに食べている姿をみて主人も微笑む。

 

「笑う門には福きたる」

すべては理屈抜き

 

一番最初に覚えたことわざ

でものすごく印象に残っていて今は座右の銘になっている

 

ことたまの学びをして「笑い」が祓いになることを知り、益々納得。

 

笑いって音。

*音のない微笑みもありますが・・

 

昔から日本は音で穢を祓ってきた文化。

 

神社では鈴。

祝詞。

 

声を出すことで自然と肚に力が入り、呼吸は腹式呼吸になっている。

 

そして音の振動が骨を伝わり、全身の細胞に響き渡る

 

細胞に響き渡ることで、細胞が活性され、血、水が動く

 

血、水が動くことで流れができて

 

結果、循環がはじまる

 

常に循環しているという、宇宙の理とも連動してくる

(共鳴、共振)

 

昔は集まったら、歌を歌ったり、踊ったり

 

それが自然なことで、日常生活の中で心身の解放は行われていた。

それが行事ごとに定期的(節目に)行われている

 

1年を通して心身が「祓い、清め」られることが日常の一部になっていた。

 

そして大晦日に大祓いをしてまた締めくくる

 

締めくくることで、また、いのちは蘇る

(再生、成長、進化、拡大)

 

節目を意識すること。

自分なりに楽しむことは心身を整えることにもつながる

 

そして感性に働きかけ、心がゆとりを取り戻す。

 

心のゆとりが、豊かさ視点につながっていく。

 

旧暦のお雛様は4月3日。

今回、節目活用できなかった方は4月にどうぞ(⌒▽⌒)

 

では今日も素晴らしき一日をおすごしください

(*˘︶˘*).。.:*♡