有難き村上先生

皆さんおはようございます(⌒▽⌒)

 

今朝は気持ちいい晴れ日。

 

不安定だった天の氣も今日は穏やかな状態に戻りました。

 

私達は元々霊的存在。

 

霊長類。

 

いのちという種を頂き、それを全体のためにどのよう活かしていくか、私達ひとりひとりに委ねられています。

 

遺伝子学の権威だった村上和雄先生が死去されました。

 

私達のいのちの本質を科学的に証明しようと偉大なる研究を続けられてこられました。

 

私もなんとなく自分の中で大切だと思ってきたいのちの本質を、先生は数値化もしてくださり、お伝えさせて頂いてきたことは間違いないと確信させて頂いたりして、私にとっては大変有難き存在でした。

 

いのりの映画の中でも

 

笑いが細胞の遺伝子をオンにする

 

心の持ち方により遺伝子がオンになる

 

考え方、感じ方、振る舞い方(普段の態度)で遺伝子はオンになる

*元々持っている身心魂を活かしていく遺伝子(超意識)

 

瞑想やいのりにより

 

脳波を鎮めることで、地球の地軸に影響を与える

 

脳波を鎮めることで、心が満たされ周りの波動として影響する

 

脳波は静まった人が増えることで犯罪、争いがなくなる

 

今は脳波が興奮状態が続き攻撃性が高まっていたり、身心を修復する機能が低下してきている

*原因不明の病気や難病と言われる病気も増えたりしている

 

そしてこころ的にも自律神経の狂い、感じる力の欠如から、元々在る「他を思いやる気持ちや慈しみの心」もいつのまにか全体的に希薄になってきている傾向が・・・

(SNSの発達に伴い感受性(脳波)が壊れてきている)

 

脳波が静まっていないことで幸せを感じれる脳内物質が

分泌されなくなってきている。

 

村上先生も言われていましたが、天に活かされ、この大地に活かされて私達は生きることができているのだということを人間が忘れている。

 

そして当たり前に生活できることが当たり前ではないことを皆、気がついていない、おかげさまの心を忘れてしまっていると・・

 

ずっと伝え続けてきたことばかりですが、先生がこのタイミングで亡くなられたことは大きなメッセージだと思っています。

 

先生はいろんな研究をされたどり着いた境地は・・

 

私達のいのちはとんでもない大いなる力によって生かされている

いくら研究をしても計り知れない大きな存在(力)

 

そのおおいなる存在(目にはみえないが確実に働いてくれている力)への感謝の念をひとりひとりが思い出すこと(感ずること)

 

このことが大切だと・・・

 

有難きこのいのち。

 

そこに立ち戻ること

 

自分だけで(人間)は生きていけないこと。

謙虚であれ・・・

 

私もそれしかないと思っています(^^)

 

村上先生が大いなる存在のことを伝えるメッセンジャーとして

天命を楽しむと言われていました。

 

私も微力ながらも同じ想いを引き続き伝えていきたいと思います

 

この地球が調和・平和を取戻し、自然な笑顔の人が増えることを

いのりながら・・・

 

ご冥福をお祈りいたします

感謝しかありません。

 

ありがとうございました、そしてこれからもよろしくお願いします(^^)