身近な薬剤

みなさんおはようございます(^o^)

 

今、雑草をはじめ、木々、草花すべての生命エネルギーに満ちていますね。

 

歩くだけで楽しい。

 

この花は何の花かわかりますか?

 

 ドクダミです。

 

綺麗ですね。

今、開花時期で白い綺麗な花がいっぱい咲いています。

 

ドクダミは鹿児島にいた時は、乾燥させてお茶として飲んだりしていました。

血を綺麗にするとか、毒出しとして(^^)

 

祖母の教え(^^)

 

ドクダミは更に調べてみると薬効がたくさん。

ドクダミは白い花をつける5~7月頃に薬効が高くなるようです。

 

日本では古くから利用され漢方では「十薬 じゅうやく」

 

薬膳では「魚醒草 ぎょせいそう」

 

清熱、解毒、皮膚の化膿症、利水などに使われます

葉、茎、花、根、全草すべてに薬効があり

 

ドクダミの特有のにおいに抗菌・抗カビ作用

*チンキにすると虫除けスプレーやかゆみ止めによいようです。

 

生葉をもんで当てると、切り傷の血止めにもなるそうですよ

 

今日はドクダミの活かしたかについて・・

 

<虫除け・かゆみ止めチンキの作り方>

1.ドクダミは摘みたての新鮮なうちに洗い、水きりし、水けをふく(花にも薬効あるので一緒に使う)

 

葉と花を茎から摘み、茎は3cmくらいに切る

 

2.清潔なビンにドクダミ八分目まで詰めます。

アルコール度数35度のホワイトリカー(ウオッカでもよい)をドクダミが隠れるまで注ぐ

 

3,蓋をし直射日光の当たらない場所で1~2か月おいて成分を浸出 4.1~2か月後の浸出液、チンキの出来上がり。

後は濾します

*コーヒー用のペーパーフィルターを使うと便利

5.こした液は清潔なビンに入れ冷暗所で保管。保存は1年くらい。

7.使うときは、スプレーボトルに詰め替えると便利らしいですよ(^^)

 

近所で調達できそうな方は是非お試しください

私も今年はつくってみようかと思ってみます

 

それとお花を花瓶にさしても可愛いです

 

ではでは今日も素敵な一日をお過ごしください❤(ӦvӦ。)