たくさんの奇跡

皆さんおはようございます(*^^*)

 

 今年も眩いばかりの蓮が咲いています。

 

泥(沼)の中からこんなに綺麗な花が咲くって誰が創造したのでしょうか・・・

 

わたしたちです😄(我ではなく)

 

時が満ちるごとに一輪、また一輪と咲いては枯れ

 

いのちのサイクルを秩序通り、ただただ循環の一部として存在

 

咲いて4日で散りゆく花々たち・・・

愛おしいです♡

 

花が咲くまでの過程は奇跡の連続

 

水、土(泥)この池に住んでいる微生物達、虫達、鳥、ミツバチ、天気(太陽の光、雨、曇り、風)、大気などなど

 

まだまだ様々な要素が重なり合い、そしてこの地は人の手(愛情)も加わり咲いている花達

 

咲いてる花はもちろん感動しますが(もちろんそうなのですが)

それよりも咲くまでの過程の壮大な働きに感動してしまいます

 

緻密な働きが行われ続けた結果咲いた花。

 

わたしたちも同じ。

 

日々私達の内側で緻密に働いてくれている身体の働き

このいのちを生かしてくれている自然界の働き(自浄作用)

目には見えない数々の働きによって今、在るいのち。

 

いのちって実はある意味、残酷さや厳しさもあります

でもこれも愛であり、調和なのです

 

今日は夏至。

一年の内で一番昼の長さが長い(陽のエネルギーが最大)

 

そして今日は太陽が一番真上にくる時刻が昼時間と重なっています

*12時半頃かな・・

 

お昼時間の方もいらっしゃると思います

少し太陽(光)(多分この時刻は曇りかな)に意識を向け

今、このいのちに感謝してみるのもよいかもしれません

 

今から益々大切になってくるのは以前書かせて頂きました

普遍的な感謝

 

目に見えない働きに対する感謝

*目に見える(わかりやすい)ものは皆さん感謝しています

 

これが増幅することでこの地球という星が元々の愛の星

*本当は今もそうなのですが(ちょっと元氣がなくなっていた)

 

さらにバージョンアップした地球への大きな鍵でもあります

 

泥から咲いている蓮

 

私達も根っこをしっかりはり、太陽の光をいっぱい受けて

愉しんでいきましょう

 

わたしたちのいのちもたくさんの奇跡の連続で今、存在しています

 

有難きいのち、いつ終わりがくるかはわかりません

 

今日も精一杯に両手を拡げ、たくさんの祝福(いのち在ること)をうけとりましょう(*˘︶˘*).。.:*♡