炎(火)by 太郎

皆さんおはようございます(^o^)

 

残暑戻ってきましたね

 

夏は燃えるような赤のイメージ

 

 なぜか、岡本太郎さんが浮かび前から気になっていた美術館へ

彼の情熱(炎)を間近に感じてみたくて・・・

 

赤の色使いが絶妙で見惚れてしまいました

彼は赤についてこのように書かれていました。

 

どの作品も題名がついていなくて、観るの感性、創造性を掻き立てるものばかり・・・

 

いい意味で頭が引っ掻き回され・・・

 

美術館を出る時には概念が崩されて

頭がムニュムニュっとした感じが残り

 (シャフルされた感じ)

なんともいえない感覚を味わいました。

 

師匠もいない

弟子もいない

 

たったひとりで宇宙を

そしてこの地球を満喫し

 

ひとりで100%遊びきった人

 

「今、ここ」の世界で生ききった人

 

このご挨拶文のように、何だかいろんな感情を揺さぶられ

 

その揺さぶられるからこそ再生の火(炎)の点火され

 

新たな創造(遊び)が生まれ

 

 

ひとりひとりの根底に在る大切な心(もの)を思い出す

 

最後にこの作品の紹介で今日は終わり・・・

 

皆さん何を感じるでしょうか

 

今日も素晴らしい一日をお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡