天高く・・・

皆さんおはようございます(^o^)

 

「天高く馬肥ゆる秋」

秋の季語でよく用いられます。

 

秋の季語ですが、10月の気候のことを主に指しているようです。

 

秋の空は高く感じられます。

 

理由の一つは雲の高さの違い

 

夏の入道雲は比較的低く迫ってくる感じ(モクモクっと)

 

秋になってくるとうろこ雲や巻雲などに変わってきます。

 

この雲は高度が最も高い上層雲に属し、それに加え大気も澄んでくるので青空が大きく広く見えます

 

意味は・・・諸説あるようですが

10月は気温も落ち着き、空は澄み渡って晴れる日が多く。

馬も食欲を増し、肥えてたくましくなるほど過ごしやすい秋

ということを表現している。

 

なぜ?馬?

元々は中国の前漢の北方では、春から夏にかけて草を食べ、

たくましく育った馬に乗った敵が秋になると南下して、

収穫物を略奪しにやってきてくることから

 

将軍が「秋になると敵の馬が強く育ちその馬で攻めてくるから気をつけろ」と警戒の言葉として発言したという意味合いのことわざだそうです

 

そして昨今は手紙の季語として用いられています

 

「心身ともに快適に暮らせる秋の気候」を意味

 

「天高く」は空気が澄み渡り高く感じられる秋空のこと

 

「馬肥ゆる」馬も食欲が増して肥えるような収穫の季節のこと

 *人間も食欲が増す

 

木々も徐々に紅葉をはじめています。

 

私達の

皮膚の感覚も敏感になり

味覚も敏感になり

感性も敏感になり

感受性も敏感になり

 

敏感になる時期だからこそ

 

芸術に触れたり

自然に触れたり

大地とのつながりを深めたり

内なる静寂を深めたり(つながったり)

 

五感をフルに働かせてさらに深めてあげるのに良い時期です

 

皆さんも存分に楽しみましょう。

 

今日も皆様にとって心地よい一日になりますように・・・(^o^)/