いのち(与えられた(た)時間)

皆さんおはようございます(^^)

 

今日の写真の仏像さんは

タイの高僧のお坊さんがマントラを唱えながら1から創られた貴重なもの。

 

ご縁あって家にやってきました。

 

このすごくエネルギーに満ちています(有り難や〜)

 

今朝は13度。

いきなり冬の気温です。

 

ここ何年も一番気持ちいい季節である春と秋が短い

 

というかほとんどないに等しいくらいに気象が変わってきています

 

地球規模での変化。

 

 

地球の地軸の傾きによるという説もあったり

 

自然破壊(環境汚染)による大気中の温室効果ガスが

増えてことでの温暖化説

 

人間意識が作り出した地球(宇宙規模)の地場の乱れという説

 

いろんな説が言われています。

 

だいたい感染病などが起きる時は・・・

 

各国間の貿易がさかんになり、人の動き、物流の動きがでてくる

ことでの弊害が起きだした時

(ここ何十年で主に中国・インド・アフリカ・ロシアなどの経済成長に伴い資源の奪い合いや流通による弊害など)

 

人類自体の意識変化、変容が必要な時

 

宇宙規模でのエネルギーの拡大が必要な時

 

そして新たな世界を築き上げるのに必要な人口調整が必要な時

 

などなどいろんなタイミングが重なってのことでもありますが

真意は以前もお伝えしたように神意。

 

本当のことは誰にもわかりません

 

過去には歴史が大きく変わる時にこれだけの人口も減りました。

 

1位 ペスト・黒死病(死者数2億人・1347年〜1351年)

2位 天然痘(死者数5600万人・1520年)

3位 スペインかぜ

(死者数4000万人〜5000万人・1918年〜1919年)

4位 ペスト・東ローマ帝国での流行

(死者数3000万人〜5000万人・541年〜542年)

5位 エイズ(死者数2500万人〜3500万人・1981年〜現在)

6位 ペスト・19世紀の中国とインドで流行

(死者数1200万人・1855年)

7位 ペスト・ローマ帝国の疫病

(死者数500万人・165年〜180年)

8位 ペスト・17世紀の大疫病(死者数300万人・1600年)

9位 アジアかぜ(死者数110万人・1957年〜1958年) 

                      〜TAGSより抜粋

 

何らかの変化・変容(元に還る、原点)である時タイミングでは

あるのは明らかです。

 

大きな変わり目は大きな揺さぶり(感情的な)も起こります

 

わたしも今まで散々、感情の解放(先祖代々の分までの)を

行ってきました

 

自分の幻想(思い込み)からの解放もしんどさは伴いましたが

 

自分の感情ではないものの解放は大変苦しいものでした(≧∇≦)

*自分の解放が起こると先祖代々の分の解放を体験します

(これは私の場合です)

 

そのことを充分に体験し尽くせるようにわたしは多分

 

子供を持たなかったり

ガッツリフルタイムで働かなくてもよかったり

俗世間から一歩引いた立ち位置で過ごせる環境(夫、家族含め)

だったたり・・・

*そのことだけに集中して取り組める環境

 

人それぞれで地球にわざわざ肉体を持って存在してきている目的?

(というか)は違います

 

でも共通しているのは「霊的成長」を遂げること

*いつもお伝えさせて頂いておりますが

 

今、置かれている環境(こと)を活かして

「神意に気づき続ける」こと。

*はっきり頭で理解することではないです(マインドは介さない)

 

幻想に巻き込まれない(周囲に巻き込まれるのではなく活かす)

 

今の所、まだ生かされています

有り難いことです。

 

いのちがあります

 

いのちとは自分に許された時間

 

毎日同じような内容にどうしてもなっていくのは、

わたしのというか、いのちの表現。

 

今生では「いのち」ということを通じて霊的進化を遂げていく

ひとつの素材(偉大なる素材)でありテーマ

 

いのちの真実を知りたい(深めたい)

いのちの神意を知りたい(深めたい)

 

これがわたしの望みのようなので・・

 

 

きっとこのブログにご縁がある方は「いのち」という同じ

テーマを探求しながら、霊的成長を促したいと望んでいるの

かもしれませんね。

 

3ヶ月の間に何らか明らかになることと思いますよ、きっと・・・

*お時間合う方は朝の瞑想にご参加ください

 

ではでは今日は更に寒くなるようですので温かくしてお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡