こころ息

皆さんおはようございます(^o^)

 

先日は初雪(ちらほらっ)

 

寒かったというよりも

冷たかったですね(≧∇≦)

 

紅葉も終わりを迎え

木々はさらに葉っぱを落とし

はじめます

 

根っこに、幹に

しっかりと養分を蓄えるため

 

それは

木々の成長のため(いのちの存続)

 

春に新たな息吹となっていく

 

それはわたしたちのためでもあり

全体のためでもあります

 

この働きにより酸素濃度も保たれ

私たちは息ができます

*窒素8 酸素2の割合い

木の伐採や木々が育っていかなければ私達のいのちの存続もない

 

そういう気持ちで息をしてみるとまた、一段と有り難さも

感じられますね(^o^)

 

呼吸は息の出入りだけど

 

 

息はこころの出入りでもあります

*こころの交流(すべてとの)

 

内なるつながり

全体とのつながりを唯一できるのが息

 

呼吸ではなくこころが伴う「息」

 

一息、一息が紡がれ

結ばれていく

 

 

ことばを紡ぐように息を紡ぐ

 

たった数分でも息を紡ぐと

安心(安堵)

幸せ(平安)

 

次の瞬間にイラッとしても(≧∇≦)

 

その数分、心で感じ取った感覚はちゃんと残る(蓄積され)

 

それが細胞ひとつひとつを開いていく(解かしていく)

 

たったちょっと

 

でも

それは水が1滴、1滴落ち続けると穴が開くほどの力と同じ

ようなもの

 

たったちょっと

 

でもそれができないんだよな〜

「にんげんだもの」 by  あいだみつお(笑)

 

今日のご提案

数回でもこころで息をしてみてください(^o^)

 

では今日も温かい陽射しに包まれ素敵な時間をお過ごしください

(*˘︶˘*).。.:*♡