丹田(大地を踏む)

皆さんおはようございます(*^^*)

 

朝早く、江ノ島へ

 

昨日は今年最初のフラはじめで

 

かつ祭壇を新たに開くためにシダが必要で

 

江ノ島の裏山でこっそり調達。

 

その前に参拝。

 

途中、朝陽でお出迎え。

 

 

物凄い光で私はレンズをみれずに撮影。

 

冬至を過ぎて少しづつですが陽も長くなってきています

 

先日のフラの帰り、夕陽が綺麗に海を照らしていました

毎日同じようで違う。

 

毎日実は、違う映画を観ているのです(*^^*)よ。

 

朝、採取してきた

(本当は駄目なのですが)シダ

 

そして皆が祭壇を開くにあたって

持ち寄った植物をひとつひとつ丁寧に

オリ(歌を捧げながら奉納)

 

捧げられた植物の質を内側に

巡らせながら祭壇の前で

踊りを捧げました

 

フラでかく汗は「聖なる水」と呼ばれ、

 

カヒコではかなり下半身が低い位置で

踊ることで

 

大地を開き(大地を踏みしめ一体に)

 

大地を目醒めさせることが

 

自己(自己の質)を開き

本来のあり様に目醒めることと通じるという

 

エンボディと似ている想い

 

変容への道(ツール)はいろいろあれど

最終的には同じ経路をたどる

 

肉体を利用しながら、忘れていた大切なもの(元々)を思い出す

 

脈々と古代から続いているものは同じと実感

 

エンボディでも

大地(足裏)を踏む感覚が目醒めると

*昔の人は裸足で歩いていたので

裸足だとちゃんと大地を踏みしめないと歩けません

私も子供の頃、祖父母の畑の手伝いは常に裸足でした

 

丹田(肚)が目を醒まし

*肚の位置は子宮の位置(腸と仙骨の空)

 

肚が目を醒ますことで元気の元も「氣」が発動し

燃え始めます

*丹田の丹は炉に例えられます

 

一番下の火(炉)が燃えると

 

鳩尾が緩み

*横隔膜が動きやすくなり

 

息が入るようになると胸が開きやすくなり

*下で燃えた炉が胸に影響(中丹田)温かいエネルギーとなる

 

胸が開いてくると

背骨側がより活性化し

 

首から脳幹、松果体へ(上丹田)

 

下丹田(炉)で燃やされた火は胸で温かい火となり

*ちょうど温泉ぐらいの心地よい温かさ

 

そして首(頸)から上に上がっていくと

*脳は冷えているのが正常

氣が上にあがると調子が狂うのはそのため(自律神経の狂い)

 

上丹田(松果体のあたり)は徐々に冷やされ

第三の目の辺りは涼しいエネルギーとなる

 

涼しいエネルギー=冷えている→冷静(霊性)が目醒め

やすくなる

 

とまぁ、長くなりましたが

大地を踏みしめる(大地を常に感じる、共にいる)感覚が

目醒ることでいろんな恩恵が実はあるのです

 

裸足になってくださいねとお伝えしているのは

そういうこと(元々の霊性とつながる)にもつながるのです

 

砂浜の上

土の上

枯れ葉の上

芝生の上

 

月イチデトックスで砂浜を歩いていましたが

砂浜を歩くとより大地を踏まないと歩けない

 

もう少し温かくなったら再開したいなと思ってはいますが・・(*^^*)

 

家の中でも裸足で歩く時間をつくるといいですよ

 

そして床を足裏で踏みしめる感覚が育つと

自ずと中心に流れるエネルギーを感じれるようになり

*皆さんは毎回感じて頂いていますのでちょっとだけ意識的に

やり続ければ、無意識でその状態が長く続くはず

 

身体が中心の流れを思い出すと

 

骨格の位置も変わり、

その人にとって一番効率がよい身体になり

 

上で書いたような下丹田が熱いエネルギー

中丹田が温かいエネルギー

上丹田が涼しいエネルギー

 

となり、いろんなことが起きても(揺れても)

戻りが早くなります

 

動じないのではなくて

(禅でも動じなくなると伝えていらっしゃる方もいますが)

 

動じても戻りが早くなる

動じても気づきに変えられる

動じても振り回され続けない

 

だって私達は座っていても、寝ていても動いている生き物(内は)

 

全く動じ(動かない)ないは不自然かなと・・・

思いますが(個人の見解(^^))

 

祭壇の話から長くなりました。

 

今日は3連休中日。

 

今日も素晴らしき一日にしてくださいね(*˘︶˘*).。.:*♡