手の平を太陽に

皆さんおはようございます(^^)

 

空気澄んでますね

 

冬の張り詰めた空気感は

冬が苦手でも大好き

 

青い空も綺麗

 

それだけで本当、幸せ。

 

日の入りの時刻も日に日に

延びてきていますね

 

夕陽の角度も変わってきています

 

地球生きてる

 

私達も生きている

うたのおねえさん 東雲めぐ(しののめめぐ

) ■東雲めぐ公式Youtubeチャンネル https://goo.gl/meHpWM よりです

 

大切なことは子供の頃にすべて学んでいる

 

子供の頃に歌たった歌や教えは

(幼稚園〜小学校1,2年くらいまで)

 

幸せなこころで生きていく根っこの教え

 

手の平を太陽に向ける

僕の血潮が動く

 

手の平を太陽に透かしてみると自分の中に流れている血を

感じられる(いのちを感じる)

 

自分のいのちを感じることで同じ様に生きているいのちを感じる

 

生きているといろいろあるけど

生きているからいろんな感情も味わえる

 

生きているから・・・

 

血潮とは・・・

体内を潮のように流れる血のこと。

激しい情熱、感情と書かれていました

〜Goo 国語辞典より〜

 

ここからはエンボディ的解釈です(^o^)

 

手の平を太陽に向けると顔があがり、胸が開きます

バンザイの状態に近くなる

*気分も自然と上を向く

 

すると

内なる情熱・感情が反応し動く(発動)

 

手の平の中心と(老宮)と胸の奥の背骨に(霊台という督脈のツボ)

はつながっていますよとレッスン中でもお伝えさせて頂いて

います^_^

 

霊台というツボ(ポイント)は別名「神道」とも呼ばれています

東洋医学では「霊」は心を意味し「台」は高い場所に座す

*ぜんそく・心疾患・神経症疾患などに有効

 

「神」は心をコントロールする精神の意味

「道」は通りや道の意味

*発熱・頭痛・健忘・心悸亢進・背部冷痛・ぜんそく・ヒステリー

などに有効

 

精神を安定させていくのに大切なポイントでもあるが

もっと大切なのは背骨(霊的流れ、身体的流れ)を介して

いのち(すべて)が情報交流をしているということ

 

情報交換によりすべてのいのちが生かされ続けているということ

 

結局はお伝えしていることが重複して申し訳ございませんが

*足裏が地とつながり背骨の流れがよくなり天とつながる

 

「胸が開かれること」=源、根源とのつながりを思い出す鍵

*生かされているということは常に自由で自在だということ

 

そのために息を活用し

そのために動くこと(動かすことで)で巡らせる

*普段やっています

 

 

胸が開かれることで霊性も開く

 

足を大地と繋げと胸が開く

 

手のひらを太陽に向けるだけで胸が開き心が踊る(発動)

 

単純でございます(^o^)

 

そして

いのち(血潮)が動き出します(発動)

発動のスイッチを入れるのはいつも自分

 

はい、どうぞ(^o^) ポチッ

 

歌う、笑う、泣く

 

生きている証拠

 

今日も素晴らしき一日をお過ごしくださいね(*˘︶˘*).。.:*♡