お掃除

皆さんおはようございます(*^^*)

 

朝一番でのお寺の灰。

 

綺麗。

 

氣のいいお寺や神社は

人が気が付きにくい所(細部)まで

意識が行き届いている。

 

掃除の例えで

 

丸く掃くという

四隅まで掃く

*小学校の頃、何年かの担任の先生に

教わった記憶がある

 

それが4字熟語になっていて

 

「四角な座敷を丸く掃く」 

 

四角い座敷を掃除するのに四隅を残して

中央だけを丸く掃いてごまかすことから、

神経の行き届かぬ仕事をすることをいうと書かれていました

*goo 国語辞典より

 

わたしは元々(小学校の頃)掃除に関心はなく、完全ズボラさん。

*なんとなくは片付ける

 

まさしく丸く掃くタイプで

母に自分の部屋を掃除にするように促されていた記憶があります^_^

 

でも掃除に対するスイッチ(気持ちの変化)が入った瞬間があり

ました(皆さんの中でも何かのスイッチが入った瞬間ありますね)

 

エアロビクスの養成講座で(もう25年以上も前のこと)

マナー講師の先生の講座があり

 

その先生の一言からだった

「日々の仕事(一日)に、朝の掃除の状態が映し出される」と

*家を出かけるときにきちんと掃除がされた状態あること

 

まだ掃除がブームになってないかなり前である

 

それから習慣になっている

「ねばならない」でやり始めたのではなくて自然と

 

人ってスイッチがはいると自然とやりたくなるもの

 

習慣になるまではちょっと意識的になる必要はあるが

意識が無意識に変わる瞬間がある

 

それは本能として

私達の内側は調和の方に働こうとしている

 

嫌なことも、一見、破壊的なことも

すべて調和に向かって働いているからこそ

 

なので整っている状態が「快」

でも「快」にとどまり続けるのではなく

 

「快」も進化していく(破壊、再生、安定と)

 

整った空間にいると私達は自然と「快」になる

散らかった空間にいると落ち着かない

 

これは心が落ち着かないのではなくて

 

細胞レベルで落ち着かない

ほとんどの人は

(感覚が麻痺してきたり、疲れ切っているとどうでもよくなる)

 

散らかった所が常になってくると

それはそれで快になっていく人もいる

*作家とかの人には多い

 

「掃除しなくても死なないから」というよく聞くセリフ

 *どちらがいい悪いではないのだが

 

もしかしたら

 

言い訳だったり

抵抗(何かへの)だったり

ただ面倒くさいだけだったり

片付けるだけの元気(身体)がないだけだったり

こころが消化不良でこころが立ち上がらないだけだったり

 

ありのままに生きるとは

今のありのままを認めてあげること

 

それは掃除だけではなくて

面倒くさいなぁと思っていることがあれば

 

ちょっと感じてみるのも

自分をととのえていく(柔軟な中庸軸(ニュートラル))には

ヒントになったりすることもあります

 

苦手なことほどそういう場合もあります

 

「ととのう」が去年流行語になったのも

 

全体的に(集合意識的に)ひとりひとりが整うことが

より良き方向へ流れる(巡る)ことにつながるということが

 

無意識レベルで動いているということでもあるかなと思います

 

まぁ、単純に

自分が心地よく過ごせる時間が長いと嬉しい♡ですよね

 

今日はちょっとだけいつもの掃除も四隅に意識をむけて

掃除してみるのもいいかもしれません

 

では今日も素晴らしい一日をお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡