いのちを遣う

皆さんおはようございます(^^)

 

今朝は久しぶりに富士山が綺麗にみえて

います。

 

だんだん大気が淀んできますので

みえる確率が減ってきます

ちょっと寂しい・・

 

ですがこれからが湘南は気持ちいい

 

この写真のメダルみたいなのは江の島神社のお賽銭箱に取り付けれていました

 

今日は北京オリンピックのことを書こうかなと思い撮った写真をみていたらメダルみたいだったので採用してみました(^^)

 

今回の冬季オリンピック。

最初は盛り上がりはイマイチでしたが、

 

またまた若者たちの素晴らしい挑戦によって

 

感動をいただきました。

 

ここ何年かの傾向ではありますが「自分の頂点を目指す」

*周りへの感謝も忘れない、でも周りの声に影響されない

 

自分への挑戦

*限界への挑戦

 

将棋の藤井くんもそうですね

 

羽生くんにしてもあえて4回転半に挑戦

あの状況なら、失敗する確率があるものに挑まないかひるむ(普通なら)

でも堂々と挑戦した

 

それは自分のためでもあったし、次なる後世の人達のためであったのでは

ないかと思いました(次に想いをつなげる)*勝手な見解です

素晴らしかった

 

そして「努力って稔らないこともあるんだ」とぼそっとつぶやいた一言が

印象的だった。

それは全身全霊いのちをかけて挑んできたからこそふと出てきたことば(本音)

わたしも胸が苦しかったぁ。

 

現実としてはメダルは取れなかったけど、彼が限界に常に挑戦し続ける姿は

それ以上をものを、皆さんの心の深くに届けてくれた

 

いのちを遣う(遣わせて頂いている)

 

今、頂いているいのちを何に意を向かわせているのか(向かっているのか)

*日々の想いが・・・

 

それが結果としてのいのちの遣われ方になる

 

大切なのは想い

 

どの選手も羽生くんと同じように挑んでいた

 

いのちが輝いている(いた)

 

見習いたいことばかり(^^)

 

日本の未来も世界の未来も明るいと思えた北京オリンピックでした 

 まだ続きますが・・・

 

では今日も素晴らしい一日をお過ごしくださいね(*˘︶˘*).。.:*♡