わたし 自然

皆さんおはようございます(^o^)

 

今朝の太陽は柔らかく

包みこんでくれる光

 

この前の箱根神社の御神木

からの太陽の光。

 

その光もやさしい

温かい光でした

 

根をしっかり張り、揺るぎなく

まっすぐ天に伸びる御神木

 

天と地を結べるのは

木々と人間

と言われています

 

それは木々の姿はわたし

 

わたし達も見た目はそれぞれ質の違いは

あれど

同じ神の仕組みが流れている

 

共通に大地とつながり

 

水を循環させ

 

陽の光りを必要とする

 

自然界とわたしたちの映し(映され)

 

太陽の暖かさと心の温かさ

太陽の光と内なる光(意識の光)

 

大空に広がる空(氣)と肺の空(氣)

拡がる空と身体の空間(口腔、胸腔、腹腔、六腑など)

 

母なる海の水と身体の水分

海の深さと意識の深さ(無限)

 

川の水流と血液の流れ

*神経の流れ

 

体を構成する塊(筋肉、骨)と大地

 

自然は自然

 

人は人

 

ではない

 

わたし  自然

 

 

自然に行きたいと思ったら

 

自分の内に向えば自然の仕組みそのものを

感じることができる

*行ける時は行くこともいい

 

自然にいった後のように心は晴れたり、心地よくなったり

何だかスッキリしたり・・・

 

家にいても

どこにいても

自分の自然につながることができる

 

いつでも自分に還ることができる

 

そのことを知っていると(体感覚としても)

フラストレーションは溜まりにくい

 

創造しながら

息をする

 

体感覚があると便利^_^

それに近い状態になれる

 

息が入る(深くできる)状態の心地よいを

知っていると還るところがわかっているから・・・

*いつでも還れることも知っていると軸がブレても戻れる

 

今日はこの御神木を眺め

 

眺めることで大地とのつながり

太陽の光

循環している水

*中心に流れている神の働き

 

を感じてみるとそれだけでも軸が太くなってくる感じがしますよ

 

ちょっと元気(身心共)がないなという方も

お試しください(^^)

 

今日も皆様にとって最善のいち日となりますように・・・(*˘︶˘*).。.:*♡