ソメイヨシノ 春の歌(第3弾)

皆さんおはようございます(^o^)

 

ソメイヨシノのピンク

何とも言えない優しき自然の色

 

河津桜の鮮やかなピンクとは

違い、また、これも優しく

身に、心に染み入ります^_^

 

先日は曇り空の中、

美しく咲いておりました

 

日本の桜は殆どが交配種。

*自生は10種くらいらしい

 

ソメイヨシノは

エドヒガンとオオシマザクラの雑種が交雑してできた種類

 

桜の品種の数は

日本のみならず海外の品種改良を含むと200〜600種とか・・・

 

そしてソメイヨシノという名前由来はというと・・・

 

江戸時代末期から明治初期に染井村(現在の東京都豊島区駒込・巣鴨付近)

に集落を作っていた造園師や植木職人達によって育成され

 

サクラの名所として古来から名高い「大和の吉野山(奈良県山岳部)」にちなんで、

「吉野桜」または「ソメイヨシノ」という品種として売られはじめ

全国に広がったとか・・・

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

 

吉野の桜は有名ですよね

大阪時代、何回か行きましたが遠い(≧∇≦)

昔のまま、手つかずで良いところです^_^

*今もかな?

 

ということで桜が散るまでは桜の歌は続きますよ(^o^)

 

今日は昭和世代の方向けに、懐かしき

柏原芳恵さんの「春なのに」です

 

学生の頃、思い出しますね(第2ボタン、とか・・・^_^)

*先輩にもらいたくてドキドキしていた頃思い出します

今日も皆様にとって心地よく流れる一日となりますように(*˘︶˘*).。.:*♡