阿吽(あうん)

皆さんおはようございます^_^

 

一気に温かくなり、心身ともに緩み

特に身体は怠く感じるかもしれませんね

 

怠くなるということは日頃の緊張が解けること

 

悪いわけではないのです

 

そのことで凝り固まっていた筋肉の緊張は解け

神経の通りが良くなり

疲れている(つかえていた)臓器の方に

血が巡りやすくもなります

 

お風呂上がり(温泉)のような感じに近い

 

春は特に感じやすいのです

*身体が緩んだ状態に慣れるまでは・・

 

さて、今日は神社でみかける狛犬

邪気祓い、魔除けとしておかれている

 

口を開いている「阿」

音は「あ」

吐く息

 

 

 

口を閉じている「吽」

音は「うん」

吸う息

*「うん」は吸う息?と思うけど

「ん〜」と吐ききった瞬間に自然と息は入ってくる

 

 

阿吽は梵字(古代インドのサンスクリット語)

*密教でこの阿吽を伝えている

 

「宇宙、万物の始まりと終わり」を表す言葉とされ

 

阿(あ)は真実や求道心

吽(うん)は智慧に例えられているようです

 

50音でも「あ」ではじまり「ん」で終わる

 

「あ」は天、ひらめき、新たに、はじまり、天啓、降りてくる(直感など)

 

「ん」は和合、終わり(おわりははじまり)

 

皆さんご存知の「オーム」のチャント(ヨガで知られるようになりました)

は阿吽と同じ

 

オームは正式にはAUM

50音の最初の音(あ)

最後の音[M・ン]

中間の[U・ウ]から構成された言葉

 

発音の仕方はいろいろあるようですが

ヒマラヤの聖者の方に直接伝授された方からのお伝えは

 

「あ〜」口をしっかり開くと(天とつながり)

 

自然と口が閉じてくるときに「う〜」

*これは発音するではなく自然と「う〜」になる

 

「ん〜」は唇が自然と閉じられると体中に振動が起こります

(大地とつながる)

*慣れてくると肛門も振動して、いい塩梅に締まります

 

いずれも声を出すこと

音(音魂)を使うことで

 

小宇宙が振動し

大宇宙と共振する

 

そのことで和合、統合自然とされていく

 

これだけで一体となっていく

 

似たような発音ではキリスト教のアーメン

仏教の南無(ナム)

 

いずれも開いて閉じての阿吽

 

言霊だけでなく

自然界も

宇宙も

身体も

心も

 

すべては開いて閉じての繰り返しにより

自然と調和されていくのですね

 

みなさんも「あ〜うん」を発生してみてください

声を出すことが気持ちいいですよ

 

わたしという楽器の調律にもなります

 

ではでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしくださいね(*˘︶˘*).。.:*♡