繊細なる幸せ

皆さんおはようございます(^o^)

 

この前、雨に濡れたタンポポの綿毛の写真を撮ってから

 

タンポポの綿毛の美しさに惹かれています

 

この写真はタンポポの綿毛が

半分飛んだ状態

 

この繊細な綿毛の下には

大切ないのちの種が・・・

 

風にのって飛んでいき

 

着地した所で種が根を張り

芽を出し

葉となり

茎が伸び

花が咲く

 

そして花が終わると綿毛となり

また、風にのって飛んでいく

 

一連の流れが愛おしい

 

風に乗って飛んでいった場所で花を咲かせる

その場での役目(その場での必要な出来事)が終わると

 

また、違う場所(違う状況へといざなわれる)

 

すべてはいのちを活かすため

存続させていくため

 

わたしたちも同じです

雑草さんを観察して感じる世界も同じ

 

書きながらふと渡辺和子さんの詩を思い出しました

 

ノートルダム清心女子大学の理事長を務られていた

シスターの渡辺和子さん

 

置かれたところこそが今のあなたの居場所なのです。

咲けない時は根を下へ下へと降ろしましょう。

人はどんな場所でも幸せを見つけることができる。 

 

*勝手解釈では

置かれていることこそが(状況)

今のあなたの居場所なのです

*今の現在地

 

咲けない時は(違和感、抵抗、摩擦がある)

根を下へ下へと降ろしましょう

 

人はどんな場所でも幸せを見つけることができる。

*今の現在地は幸せそのものだと認識するだけで

小さな幸せはたくさん見つかる

 

 

もうひとつの詩

 

ちいさなことに

大きな愛をこめて・・・

 

小宇宙である身体

そしてこの綿毛のように繊細な

 

神の流れ(神経)が常にある

(霊的神経と身体神経の流れ)

*14万4千の神経の流れ

 

内包している繊細な働きがあるから

いのちが存続できている

 

笑える、泣ける、怒れる(^o^)

 

休むことなく動き、働き続けている

 

今日もその働きをそっと感じてあげるだけで

有り難い、しあわせ♡

 

今日も皆様にとって心地よい一日となりますように・・・(*˘︶˘*).。.:*♡