肝の氣(イライラ)

皆さんおはようございます^_^

 

今、二十四節気では穀雨

 

立夏までは比較的雨が続きます

 

「雨降って百穀を潤す」

 

「春の柔らかな雨に農作物が潤う」という意味で

種まきや田植えを始める目安とされているようです^_^

 

この頃になると祖父母の家では小さな稲の苗がたくさん育ち始め、間引きがはじまり

 

田植えの準備をしていた時の風景が今でも目に浮かびます

 

 

この頃に降る柔らかく温かな春の雨は、大地を潤し穀物を成長させる雨。

 

どんどん新緑が綺麗に旺盛になっていきますね

 

この写真の植物は御神木の近くに

生えていたのですが、通常はまっすぐ横になるはずが磁場のエネルギーが

強く葉っぱが犬のしっぽみたいにクルンとなっていました

 

今、植物の勢いが強いのでいろいろ観察してみると楽しいです

 

そして緑は肝の氣を養います

 

この時期は、積極的に緑を眺めること

木の下で過ごす時間を増やすことオススメですが

 

木々の勢いが旺盛ということは

虫さん達もたくさんでてきます

 

特に桜の木のしたはゲジゲジ虫がぶら下がっているので注意(^o^)

 

肝の主な生理機能は

 

解毒

氣を整え流れを良くし(疎通)

情緒を伸びやかにし

血液を貯蔵し

血流量を調整する

 

血の不足により様々に影響しやすくなる

 

肝は

「怒」と結びつきやすく

 

巡りが悪いとイライラしやすくなる

*女性は生理前や生理中にイライラするのは血が不足するから

もしくはうまく循環していないから・・・

 

男性でもイライラしやすい人は肝の仕えによることがほとんど

 

基本的に身体の巡りがその人の質の顕れとなりやすく

(元々の家系、同じ生活習慣(食)、思考により質となる)

 

わたしは性格は性質だと思っているので

「その人がどうのこうのではない」と思っています

 

性格(性質)を直そうと頑張るより(^o^)

(頭で手放そうとするより)

 

身体の巡りを良くしてあげると単純によいかと思います

個人的には・・・ですが

 

多分、巡っている時って(ゆっくりお風呂、温泉に入った後など)

みんないい顔(性質はでない)

*例えば、意地悪な人でも意地悪な部分は表にでていない

(少なくてもその直後は)

 

エンボディ直後もそうだったりしませんか

 

でも日常に意識を戻した瞬間今までの記憶に基づいて

後戻りしたように感じますが

 

でも繰り返しているとだんだん単純に巡っている状態の方が

長くなり、穏やかな時間の方が自然と増えてきます

*こちらが皆さんの本質なので・・・

 

そして肝は五行でいうと生成変化の最初

 

肝の氣が巡ると

最後、腎で排泄される

*肝腎要は巡らすことで冷えが改善

巡ることで出す力が高まる(循環)

 

そして肝は

 

泪(津液)目と関係

ドライアイも目の疲れも肝の氣不足

 

筋とも関係

筋が縮むと気血が巡らず筋肉が育たない

 

爪もボロボロ

めまい、老眼、頭頂痛、胸脇痛、下腹部の下の痛み(両側)

関節のこわばり、筋肉の痙攣、引き連れ、四肢の麻痺など

 

目の関連

下腹部の関連

筋の関連

 

肝が好むもの

 

苦味(適度な)

青物の野菜類(適度)

睡眠(大好きです)

ゆったりする(心底)

筋(すじ)を開く(内側から)

さする

 

肝の氣がさらに旺盛になってきています

*立夏になると徐々に心の氣が入り混じります

 

今、できることをしてあげるといいかもしれません

 

私達がこの肉体を通じてやることは2つ(生まれてきた目的)

1,なるべく身体をクリアにし続けること(お社のお掃除)

 *クリアリング、巡らせ、循環

2,洗心

 *今の心の状態に気が付くこと(クリアになればなるほど意識的になれます)

 

自分メンテナンスが歯磨きと同じように常識になれば

皆、生きやすくなると伝え続けてまいりましたが

 

時代の流れはやっとその方向に向いています

 

いいことです\(^o^)/

 

ではでは今日も素晴らしき一日をお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡