うるおい

皆さんおはようございます(^o^)

 

昨日は雨の一日となりました

今日で4月も終わり。

 

明日から皐月となります

 

旧暦の暦は、

 

太陽と月の運行

=いのちを存続していくために必要な

食物・穀物の生育に関することが中心に

創られた暦

 

いのちの根である「稲 いね」が

育ち、収穫できるかどうかが

いのちをつなぐもっとも重要なこと

 

そして

大切な子孫が後世に残せ(子孫繁栄)

につながっていくかが重要でした

 

最近の旧暦の暦の捉え方は何かがズレている

と感じています

*商用として活用されているケースが増えている気が・・・(≧∇≦)

 

いのちの存続

それは自分の(達)いのちの存続だけではなく

 

地球といういのちの存続

そこに繋がっていく

 

そしてそれは地球の存続も遥かに超えていく

ものに繋がっていく

 

そう感じながら旧暦に触れていくと

また全然違った視点から

 

旧暦を捉えていくと日常が潤う

 

自分で自分を潤す

それができたら、自然と視点は拡がる

 

今日の葉詳明さんの詩は「うるおい」

こころにうるおいを

取り戻すためには

 

まず、あるがままの自分の認め

受け入れることです

 

自分を敬い

大切に扱うことです

 

自分自身を愛することで

あなたの心に「うるおい」が

蘇ってきます

 

わかっていても受け入れることってなかなかですね(^o^)

 

でもなかなか受け入れられない自分に気がついている時点で

受け入れていることになります

 

うるおい

 

大切ですよね

歳を重ねるごとに潤っていきたいものです

 

今日も皆様にとって最幸のいち日になりますように・・・(*˘︶˘*).。.:*♡