喜跡

皆さんおはようございます(^o^)

 

久しぶりの太陽。

 

今朝の風は少し冷たいですが

爽やか

 

光は有り難い

 

無条件に心も明るくなる

無条件にウキウキする

無条件に体も軽くなる

 

私たちはもともと光の存在だったと言われるが

 

実際に瞑想をしていると内側の光を感じることが多い

 

内側の光というよりも

目を閉じているのに明るいというか透明な感じ(^o^)

 

ひとそれぞれ感じ方は違います

 

目を閉じるだけで私達は源に瞬時につながりを思い出します

 

眠っている時は皆、源へ還っている

 

毎日、死に(源へ還り)

毎日、生まれる(源から還る)

 

「り」(源に還り)と「る」(源から還る)

 

「り」は、離れるエネルギー

*肉体次元(マインドも)から離れる

 

寝ている間は、永遠の生命の輪の中で

自動的に純化されていく時間

 

すべてが解き放たれている時間

 

よく眠れていないと思っていても大丈夫

*身心の硬直具合で多少の差はありますが誰でも

どんな状況であっても解き放たれています

 

無限のエネルギーの中にいます

 

必要な浄化と充電が自動的に完了します

 

なんて有難き仕組み(^o^)

 

そして朝、目が覚める

「る」は純化されたエネルギーが留まり

 

新たなエネルギーで(保留した状態)

一日がはじめられるように

 

新たな時が刻まれ

新たな生命の流れははじまる

 

起きた時は(目が冷めた時は)

まっさら

 

昨日の私とは違う

自分に生まれ変わっている

 

全く同じ朝は皆さんないですね

*植物も動物なども(すべての生命)同じ

 

それだけ、わたしたちは恵まれているということ

 

有り難い中に存在している

 

有り難いの語源は

「滅多にないこと」が転じて

「有ることが難い(かたい)」が「有難い」になったという説が有力のよう

*諸説あります

 

あることが難しい=ありえないこと

 

ありえないことが日々起こっている

 

毎日が奇跡の連続ということ

 

今日も息ができている

 

奇跡は「喜跡」

 

生きていること自体が

喜びの連続

 

今日も素晴らしき一日をお過ごしくださいね(*˘︶˘*).。.:*♡