「寒松一色千年別」

皆さんおはようございます(^o^)

 

日に日に新緑が美しく

 

暑さが本番になるまで

勢いよく成長していきます

 

夏になると少しずつ成長も変化も

しているんですけど感じにくい

 

肉眼でみようとしても目には

みえない

 

微妙に変わっているんだけど

変わらない(変わらないようにみえる)

 

 

これは私たちも同じ

 

本当は日々昨日とは違う経験や発見や

気づきはひとつはあるはず

 

なので何かは変わっているのですが

 

浦島太郎のように一気に変わらないと

人は変わったと中々認めないし、認められないものです(^o^)

 

感性(感じて観る)の眼が開くと微細になる

 

なので小さなことに気がつくようになり

小さな変化を認められるようになる

 

そしたら幸せと感じれる時は増えます♡

 

禅のことばでも「寒松一色千年別」

 

「変わっているから、変わらない」という意味合いのことばが

残されています

 

一年中、緑を茂らす立派な松の木。

 

季節によって姿を変えず

まるで1000年前から生えていたように

ただ悠然とそこにある

*松の木は特に成長が見えにくい

 

けれどもその葉は生まれ変わっている

年中、ほんの少しずつ

 

枯れた葉を落とし、新しい葉が生えている

 

職人として長く勤めあげている人達も

全く変わらの自分でいるために

 

周りの変化に合わせて、知らないところで少しずつ

新しい技術を取り入れながらそこにいる

 

日々、少しずつ努力して見えないくらいの変化を遂げ

変わらないように生きている

*表向きは淡々と同じようにみえる

 

だか毎日常に進化、成長している

時を経れば経るほど確実に・・・

 

いつも「ちょっとストレス」=ちょっとした努力

が大切かもってお伝えさせて頂いておりますが・・・

 

 

努力というよりも工夫

 

努力というよりも新しい発想(創造)

 

努力というよりも行動してみる(動く)

 

努力というよりもちょっと冒険してみる(やってみる)

 

努力の定義が窮屈に感じますが

頑張ることも

努力することも

 

それがあるから喜び(悦び)が生まれる

 

生きがい

 

オリンピックの選手は努力と頑張りなしには

あの素晴らしい喜びや涙は生まれない

 

 

いつも同じような内容に結局なりますが

大切なことって繰り返しながら浸透していく

 

様々な情報があるけど真実はひとつ

「生き生かされている(活かされている)」

 

それだけだけど

それがどれだけ素晴らしいことなのか・・・

 

そこに日々意(識)が向くことで

心の奥底(身心魂)に共鳴し、振動し(心が震え)、いのちが循環する

 

今日も生き生きと成長している自然界、

そしてわたしを感じ

 

循環の営みを感じつつ

 

素晴らしい一日をお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡